バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【世界選手権2018】「世界ランク1位をめざしたい(嘉村)」<帰国会見>

【世界選手権2018】「世界ランク1位をめざしたい(嘉村)」<帰国会見>

8月6日(月)に「第24回世界選手権」(中国・南京)に参加した日本代表が帰国した。到着した羽田空港内にて、同大会でメダルを獲得した10名が帰国会見に出席。それぞれのメダル獲得の感想を語った。ここでは、銀メダル、銅メダルを獲得した選手のコメントを紹介しよう。

世界選手権2018帰国会見

世界選手権2018帰国会見男子ダブルス準優勝:園田啓悟(トナミ運輸)

優勝する気持ちで臨みましたが、準優勝に終わって本当に悔しい思いをしています。でも、これで終わりではないので、また二人で次にトライして頑張っていきたいと思います。

ケビン(スカムルヨ)・フェルナルディ(ギデオン)戦は本当に我慢の戦いと思っていました。昨年のスーパーシリーズ(現在のワールドツアー)準決勝で負けてしまって、すごい悔しい思いがあったので、まずはその映像を見て、どういう戦いをしてくるかを予測していました。結果、最後勝ち切ることができて、素直にうれしかったです。決勝は思い描いたプレーができなかったので、もっともっと高みをめざして頑張りたいと思います。

世界選手権2018帰国会見男子ダブルス準優勝:嘉村健士(トナミ運輸)

今大会、悔しくないっていったら嘘になるんですが、全体を通して自分の中でいいプレーができました。でも決勝戦では、やっぱりまだまだ実力不足ということを感じています。昨年は銅メダル、今年は銀メダルが取れたので、一つ一つステップアップして、来年こそは金メダルが取れるように頑張りたいと思います。

(今大会の手応えについて)今回は世界ランク1位に勝つことができました。ケビン選手(スカムルヨ)の前衛は(世界の中でも)トップなので、そことしっかり戦うことができて自信になっています。決勝はレシーブ力の低さで負けてしまったけど、全体を通してみれば低空戦の形はすごくよかった。自分が前衛、園田が後衛のときの攻撃力もあがっているので、今年の目標としてはランキング8位以内に入り続けるという気持ちでしたが、変更して、やっぱり1 位をめざしていきたいと思います。

 世界選手権2018帰国会見女子ダブルス準優勝:福島由紀(岐阜トリッキーパンダース)

優勝を目標に臨んだ大会だったので、銀メダルに終わってしまいすごく悔しいです。でも、全体の試合を通して、昨年とは違う戦い方もできているので、そこは二人としてはプラスになっていると思います。

表彰台にあがったときは、本当に日本のレベルの高さを改めて実感しました。これから五輪レースになったとき、日本人対決というのがすごく大事になってくると思うので、そこで勝つことが一番かなと。誰にでも力を出して勝っていかないといけないし、練習も一緒に行なっているので、切磋琢磨しながらやっていけたらと思います。
世界選手権2018帰国会見女子ダブルス準優勝:廣田彩花(岐阜トリッキーパンダース)

去年と同じ準優勝に終わってしまいましたが、この1年間でいろんな経験をしてきて、その経験を生かせる部分がたくさんありましたし、自分たちのペアとしては成長を感じられる試合だったと思います。

女子ダブルスの日本のレベルはすごく高くなってきていると思います。五輪レースも日本人対決が多くなると思うので、そこを勝ち抜けるようにしたい。まだまだ強くなれると思っているので、これからも頑張っていきたいです。

世界選手権2018帰国会見女子シングルス3位:山口茜(再春館製薬所)

昨年の結果を上回ることができたのでよかったのかなとは思いますが、大会を通して“まだまだ”と感じる部分もたくさんあった。これからもっともっと頑張っていきたいなと思います。

 

 

世界選手権2018帰国会見女子ダブルス3位:米元小春(北都銀行)

昨年は準々決勝で敗れてしまい、一点の重みを感じた大会でしたが、今年は一つステップアップできたことがすごく自信になりました。女子ダブルスも本当にレベルが高いので、またみんなで一緒に強くなって、この舞台に帰って来るようにしたいです。

 

世界選手権2018帰国会見

女子ダブルス3位:田中志穂(北都銀行)

去年はベスト8に終わったので、今年は絶対にメダルを持ち帰るという気持ちで大会に挑みました。その結果、銅メダルを取ることができてすごくうれしいです。女子ダブルスは金・銀・銅を取っているので、自分たちも、もっともっと上をめざして頑張っていきたいと思います。

 

世界選手権2018帰国会見
記者会見には多くの報道陣が集まった

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/08/12
■関連キーワード