バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【ト杯ユ杯】「トータル的に見れば日本が有利(朴柱奉監督)」<監督コメント>

【ト杯ユ杯】「トータル的に見れば日本が有利(朴柱奉監督)」<監督コメント>

5月23日に開催された「トマス杯・ユーバー杯2018」4日目の試合終了後、決勝トーナメントの組み合わせ抽選会が行なわれた。日本は男子がフランス、女子は台湾と対戦することが決定。組み合わせ決定直後の朴柱奉ヘッドコーチのコメントを紹介しよう。

ト杯ユ杯4日目

朴柱奉ヘッドコーチ

「女子は第1シードになりました。準々決勝の台湾は世界ランク1位の戴資穎(タイ・ツーイン)がいるけども、トータル的に見れば日本は第1、2ダブルスがあるので有利。女子は普通にプレーができれば。(準決勝は韓国戦が濃厚)この前、日韓戦をしましたが女子ダブルス2つが強いという印象。(勝つには)シングルス2つ、ダブルス1つで勝つのが目標ですね。

男子は一番いい相手(フランス)かな。試合はわからないけども、ラッキーといいうのはあります。ベスト8でフランスに勝って、(準決勝は)デンマークかな。(予選リーグで)マレーシアとレベルの高い試合をしていたので、日本には厳しい戦いになると思います」

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/05/24
■関連キーワード