【全日本総合】「最後のほうで工夫ができた」(小林)<2回戦コメント-4>

11月30日に開催された第71回全日本総合選手権(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)3日目は、各種目2回戦が行なわれた。ここでは、注目選手・ペアのコメントを紹介しよう。

【男子ダブルス】

全日本総合保木卓朗(右)/小林優吾

(トナミ運輸)

結果:2回戦で、来春からチームメイトとなる金子/久保田(ふたば未来学園高)に2-0で勝利

 保木「今日の対戦相手は世界ジュニアで優勝していて、勢いがあるペアでしたが、自分たちもA代表で今年1年戦ってきているので、負けられないという気持ちがつねにありました。ただ、そういう意識があったことで硬くなり、競ってしまったのかなと思います。

相手も自分たちと同じような特徴で、自分と金子(真大)が前で勝負、後ろで小林と久保田(友之祐)の勝負というのを意識していましたが、相手の長所をつぶすようなディフェンスができていたと思います。今大会は優勝が大きな目標で、それ以外は意味がないというくらいの気持ちです」

小林「相手は実力があるので、ファイナルも覚悟して挑みましたが、2-0で倒すことができてよかったです。相手はトップ&バックになると強いので、自分たちのトップ&バックになる時間が長くなるような、ハーフ球であったり、自分が前に率先して入ったりという工夫が最後のほうでできました。そこは次につながったのではないかと思っています。

今年1年、スーパーシリーズを回る中で、経験はそれなりにしてきたと思っています。その経験を生かし、去年は3位で終わってしまったので、まずは決勝に行けるように頑張りたいです」

全日本総合古賀 輝(右)/齋藤太一

(NTT東日本)

結果:2回戦は市川/馬屋原(日体大)に2-1で勝利

古賀「1ゲーム目は自分たちのプレーができて、2ゲーム目もよかったんですが、20-17の場面で自分がサービスミスしてから連続でやられてしまいました。ああいうところをなくさないといけないと反省しています。相手は勢いがあって気合も入っていたので、自分たちも引かないように、声を出して立ち向かおうと考えていました。

大会の目標としては、ベスト8を考えていました。選考の結果次第ではナショナルチームに復帰できますし、まずはナショナルに復帰することをめざしています。目標のベスト8まできましたが、一つでも上をめざしたいです」

齋藤「相手はレシーブもしっかりしているし、スマッシュもガンガン打ってくるので、こっちも我慢して、打って守ってミスしないことを心掛けていました。2ゲームの最後、マッチポイントをとりましたが、攻め急いでしまったというか、ちょっと勝ちを意識した部分がありました。最後の1本までしっかり集中しないと、今日みたいな試合になってしまうので、明日は挑戦者の気持ちで向かっていきたいです。

この大会は2年ぶりということで、試合に出られなくなってから、この大会を一番の目標に練習してきたので、いつもより勝ちたい気持ちは強いです。ベスト8に入れましたが、これに満足せず明日も頑張ります」

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/川口洋邦


投稿日:2017/11/30
■関連キーワード

               

人気記事ランキング