【日本リーグ】S/J昇格へ! JTEKT、東北マークスが5連勝!<男子>

11月17日に開幕した『日本リーグ2017勝山大会』。来年のS/Jリーグ2018-19のレギュレーション変更により、来季S/Jリーグは男女各10チームで行なわれることが決定した。これにより、今年の日本リーグは上位2チームが自動昇格となるため、例年以上に白熱した戦いが各コートで繰り広げられた。ここでは、大会2日目の男子ダイジェストを紹介しよう。

【男子ダイジェスト】

大会初日を2連勝したチームは昨年の優勝チームである東北マークス、JTEKT、丸杉の3チーム。大学生の内定選手で戦力アップを図った大同特殊鋼、リーグ優勝経験のある宇部興産は、2連敗と苦しいスタートとなった。

大会2日目・第1試合も、上位3チームがそろって3連勝。続く第2試合もそれぞれ3−0で勝利をつかみとり、優勝争いは東北マークス、JTEKT、丸杉に絞られた。そして第3試合は、東北マークスと丸杉が直接対決。第1ダブルスは東北マークスの鈴木大裕/佐伯健人と浦井唯行/三浦昴が対戦し、ファイナル勝負となった接戦を25-23で丸杉ペアが勝利した。

浦井(左)/三浦
浦井(左)/三浦(丸杉)
鈴木(右)/佐伯
鈴木(右)/佐伯(東北マークス)

一方、隣のコートで行なわれたJTEKTは、平田典靖/宮嶋航太郎が早々と白星を奪い、シングルスの和田周も2−1で勝利。続く第2ダブルスもJTEKTの松本岳/北林悠が制して、5勝目をマークした。

平田(左)/宮嶋
平田(左)/宮嶋(JTEKT)

勝って優勝争いを有利に進めたい東北マークスと丸杉は、シングルスに出場した東北マークス菊地裕太(内定選手)がストレートで小高拓也に勝利。試合を1−1のイーブンに戻すと、第2ダブルスで意地を見せたのが、東北マークスの堀川善生/伊佐勇希。ねばる丸杉・後藤圭亮/河崎駿輔を2−0で振り切って勝利をつかみ、東北マークスが2−1で丸杉を下して全勝を守った。

これにより、上位はJTEKT、東北マークスが5戦5戦。丸杉が4勝1敗で後を追う形になった。

昨季1位/東北マークス・諸多監督

「厳しい戦いです。丸杉戦は第1ダブルスがファイナルゲームのデュースで負けてしまい、チームも沈んでしまうかなと思ったけど、内定の菊地が勝って盛り返してくれました。楽に勝たせてくれる試合はありませんが、一戦一戦、しっかり戦いたい。応援してくださっている会社の皆さんのためにも、優勝をめざしたいです」

◆男子リーグの勝敗

JTEKT:5勝0敗

東北マークス:5勝0敗

丸杉:4勝1敗

トヨタ自動車九州:2勝3敗

セーレン:2勝3敗

宇部興産:1勝4敗

東海興業:1勝4敗

大同特殊鋼:0勝5敗

ポイントをつかみ喜ぶJTEKT
ポイントをつかみ喜ぶJTEKT

取材・文/バドミントン・マガジン編集部 写真/江見洋子


投稿日:2017/11/18
■関連キーワード

         

人気記事ランキング