【GP】五十嵐優が世界ランク10位を下し、桃田と同国決勝!<オランダOP>

10月10日に開幕したオランダOP(GP)は、14日に各種目準決勝が行なわれた。

日本は男子シングルスの五十嵐優、桃田賢斗が試合を行ない、五十嵐が世界ランク10位の台湾選手に2-1で勝利。62分の長丁場を制してみせた。

桃田賢斗は地元オランダの選手に2−0のストレートで快勝し、国際大会では5大会連続の決勝進出を決めている。

オランダOP
五十嵐優
桃田賢斗
桃田賢斗

男子ダブルスはダイハツ・ヨネックスジャパンOP準優勝を飾った井上拓斗/金子祐樹が、インドネシアペアを21-18、21-15で下して決勝へ。女子ダブルスは櫻本絢子/髙畑祐紀子は、第1シードのインドネシアペアに敗れてベスト4となった。

オランダOP
櫻本絢子(右)/髙畑祐紀子

日本選手準決勝の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

五十嵐優②〔17−21、21−14、21−17〕1●王子維(台湾)62分

桃田賢斗②〔21−16、21−6〕0●マーク・カルヨウ(オランダ)42分

オランダOP
舛田圭太コーチ(左)と勝利を喜ぶ五十嵐

【男子ダブルス】

井上拓斗/金子祐樹②〔21−18、21−15〕0●アングリアワン/ハルディアント(インドネシア)40分

【女子ダブルス】

櫻本絢子/髙畑祐紀子●0〔11−21、15−21〕②アワンダ/イストラニ(インドネシア)37分

 

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2017/10/15
■関連キーワード

人気記事ランキング