【SS】園田&嘉村、高橋&松友が4強! 奥原と山口は準決勝で激突!<韓国OP>

9月15日に開催されたスーパーシリーズ・韓国OP(ソウル・SS)4日目は、各種目準々決勝が行なわれた。

韓国OP

日本選手は5種目すべてで勝ち残り、ベスト4入りをかけて戦った。女子シングルスは山口茜(写真上)が強豪のラチャノック・インタノン(タイ)をストレートで下し準決勝に進出。世界女王の奥原希望も、香港のベテラン選手に2−0で快勝してベスト4入りを決めている。ともに白星を飾った2人は準決勝で激突する。

韓国OP
奥原希望

女子ダブルスは、前日に韓国のエースダブルスを破った松本麻佑/永原和可那が中国ペアと対戦。勝った勢いのまま上位に進みたかったが、ファイナル勝負の末に敗れ4強入りはならず。8月の世界選手権・銅メダルの髙橋礼華/松友美佐紀は、インドネシアペアをストレートで破ったほか、男子ダブルスで同じく銅メダルの園田啓悟/嘉村健士、そして若手の保木卓朗/小林優吾がそれぞれベスト4入りを決めている。

韓国OP
髙橋礼華/松友美佐紀(右)
韓国OP
保木卓朗(前)/小林優吾

男子シングルスは坂井一将、西本拳太の2選手が準々決勝を戦ったが、どちらも白星は飾れず。混合ダブルスも若手2組が勝ち残っていたが、それぞれ敗れてベスト8に終わった。

 

準々決勝の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

孫完虎(韓国)②〔20−22、21−10、21−13〕1●サミール・バルマ(インド)69分

ジョナタン・クリスティ(インドネシア)②〔21−13、16−21、21−19〕1●坂井一将52分

アンソニー・ギンティン(インドネシア)②〔21−19、21−13〕0●西本拳太39分

王子維(台湾)②〔21−11、19−21、21−14〕1●H・K・ヴィテンフス(デンマーク)53分

▼準決勝

孫完虎(韓国) − アンソニー・ギンティン(インドネシア)

王子維(台湾) − ジョナタン・クリスティ(インドネシア)

王子維(台湾)
王子維(台湾)

 

 

【女子シングルス】

山口 茜②〔21−12、21−16〕0●ラチャノック・インタノン(タイ)36分

シンデュ・P.V.(インド)②〔21−19、16−21、21−10〕1●三谷美菜津63分

何冰嬌(中国)②〔21−19、16−21、21−19〕1●成池鉉(韓国)77分

奥原希望②〔21−15、21−10〕0●イップ・プイイン(香港)33分

▼準決勝

シンデュ・P.V.(インド) − 何冰嬌(中国)

奥原希望 − 山口茜

 

【男子ダブルス】

保木卓朗/小林優吾②〔21−18、19−21、21−13〕1●廖敏竣/蘇敬恒(台湾)55分

園田啓悟/嘉村健士②〔21−14、17−21、21−15〕1●ランキレッディ/シェティ(インド)55分

ボー/モーゲンセン(デンマーク)②〔21−19、22−20〕0●ピーターセン/コールディング(デンマーク)50分

ギデオン/スカムルジョ(インドネシア)②〔21−16、28−26〕0●張楠/劉成(中国)42分

▼準決勝

保木卓朗/小林優吾 − ボー/モーゲンセン(デンマーク)

園田啓悟/嘉村健士 − ギデオン/スカムルジョ(インドネシア)

園田啓悟/嘉村健士(前)
園田啓悟/嘉村健士(前)
ギデオン/スカムルジョ(右・インドネシア)
ギデオン/スカムルジョ(右・インドネシア)

 

【女子ダブルス】

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−15、21−13〕0●ポリイ/ラハユ(インドネシア)47分

リターユール/ペデルセン(デンマーク)②〔21−11、21−12〕0●杜玥/徐涯(中国)32分

張藝娜/李紹希(韓国)②〔15−21、21−19、21−15〕1●柳海媛/金慧麟(韓国)56分

黄雅瓊/于小含(中国)②〔21−17、22−24、21−15〕1●松本麻佑/永原和可那63分

▼準決勝

髙橋礼華/松友美佐紀 − 黄雅瓊/于小含(中国)

張藝娜/李紹希(韓国) − リターユール/ペデルセン(デンマーク)

 

【混合ダブルス】

チャンPS/チェアYS(マレーシア)②〔13−21、21−10、21−18〕1●徐承宰/金ハナ(韓国)72分

王懿律/黄東萍(中国)②〔17−21、27−25、21−19〕1●金子祐樹/米元小春71分

ザイデル/エフラー(ドイツ)②〔18−21、21−13、21−18〕1●ゴーSH/ライSJ(マレーシア)56分

ジョルダン/スサント②〔21−17、21−17〕0●保木卓朗/廣田彩花30分

▼準決勝

ザイデル/エフラー(ドイツ) − ジョルダン/スサント(インドネシア)

王懿律/黄東萍(中国) − チャンPS/チェアYS(マレーシア)

ザイデル/エフラー(ドイツ)
ザイデル/エフラー(ドイツ)

 

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2017/09/15
■関連キーワード

      

人気記事ランキング