【GPG】中国が4種目制覇! 男子ダブルスは柳延星/李龍大が久々のV 中国マスターズ

4月24日に開催された中国マスターズ(江蘇・GPG)最終日は、各種目決勝戦が行なわれた。

決勝戦は男子ダブルスを除く4種目が中国同士の決勝となった。男子シングルスは中国の双竜・林丹と諶龍が対戦。第1ゲームは林丹が17本で奪うと、第2ゲームは中盤まで諶龍が16-11までリードしていたが、ジワジワと林丹が詰め寄って 18-18。するとここからデュースの接戦となり、最後は林丹が抜けだして優勝をつかんだ。

女子シングルスは世界ランク3位の李雪芮と同15位の孫瑜が激突した。お互いに1ゲームずつ奪い合った後の第3ゲームは、李雪芮が序盤から連続得点で差を広げ 、21-6で勝利。3月のドイツOP(GPG)以来となる栄光を手にしている。また、女子ダブルスは駱贏/駱羽(中国)、混合ダブルス・徐晨/馬晋(中国)がそれぞれ頂点に立っている。

韓国同士の対決となった男子ダブルスは、柳延星/李龍大がストレートで快勝。2人は昨年 11月のスーパーシリーズ・香港OP以来の優勝を飾った。

決勝戦の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

林丹(中国)②〔21−17、23−21〕0●諶龍(中国)65分

 

【女子シングルス】

李雪芮(中国)②〔21−16、19−21、21−6〕1●孫瑜(中国)63分

 

【男子ダブルス】

柳延星/李龍大(韓国)②〔21−17、21−14〕0●金基正/金沙朗(韓国)41分

 

【女子ダブルス】

駱贏/駱羽(中国)②〔16−21、21−15、21−18〕1●陳清晨/賈一凡(中国)85分

 

【混合ダブルス】

徐晨/馬晋(中国)②〔21−17、21−15〕0●鄭思維/陳清晨(中国)35分

 


投稿日:2016/04/24
■関連キーワード

         

人気記事ランキング

閉じる