【ニュース】NTT東日本・男子部は半年間の対外活動自粛 賭博問題

NTT東日本は4月11日、違法カジノ店で賭博行為を行なっていた選手と、チーム関係者の処分を発表した。

NTT東日本が“社員の処分”として発表した内容は、田児賢一が解雇、桃田賢斗は「出勤停止 30日」、そのほかの賭博行為を行なった社員を「厳重注意処分」とした。また、管理監督者のバドミントン部長、副部長、総監督らスタッフにも「厳重注意処分」が言い渡されている。

また、複数名の社員が賭博行為を行なったとして、男子バドミントン部は「半年間の対外活動自粛」となり、合わせてバドミントン部スタッフの部長、副部長、総監督、監督の解任が発表されている。


投稿日:2016/04/11
■関連キーワード

   

人気記事ランキング