【日本リーグ】女子も日本ユニシスが2年ぶりの制覇! <東京大会>

2月14日に開催されている国内最高峰のリーグ戦『日本リーグ2015』最終日は、男女ともに優勝が決まる大一番。女子は日本ユニシスが前回優勝のNTT東日本と対戦し、苦しみながら2−1で勝利を奪い、男子に引き続きリーグ制覇を飾った。日本ユニシス・女子の優勝は2年ぶり4回目、男女アベック優勝は今回で3回目となる。

日本リーグ2015

日本ユニシスは第1ダブルスで世界トップランクに位置する髙橋礼華/松友美佐紀が快勝するも、シングルスの奥原希望がまさかの敗戦。しかし、第2ダブルスに起用された栗原文音/篠谷菜留が、ねばる相手を振り切って優勝のポイントをつかんでいる。

日本ユニシスは今季、髙橋礼華/松友美佐紀や奥原希望、栗原文音を海外遠征などで欠く機会が多く、残ったメンバーが健闘しながら勝利をつかんできた。主力メンバーだけに頼らずに勝てた今回の優勝は、まさに総合力でつかんだ歓喜だった。


投稿日:2016/02/14
■関連キーワード

人気記事ランキング

閉じる