第3シードの奈良岡功大が2回戦突破! アジアジュニアU17&U15選手権 初日結果

アジア各国17歳以下のトップジュニア選手が集う『アジアジュニアU17&U15選手権2015』が、10月7日にインドネシア・クドゥスで開幕。初日(7日)はU17&U15の男女シングルス、混合ダブルスの試合が行なわれた。

 

日本からは、中学1〜3年生のジュニアナショナルチーム(U16)から選出されたメンバーが参戦。U15男子シングルスには、8月の全国中学校(全中)で2連覇を達成した奈良岡功大(浪岡中2年)が、第3シードとして2回戦から登場。前回大会で銀メダルを獲得している奈良岡は、香港選手を9本、10本のストレートで破り3回戦進出を決めている。

 

このほか、全中女子シングルス優勝の水井ひらり(富岡第一中3年)も、U17女子シングルス2回戦を突破した。

 

なお、この大会では13年にU17女子シングルスで仁平菜月(にだいら・現富岡高2年)、14年には同種目で髙橋明日香(現ふたば未来学園1年)が優勝を飾ったほか、桃田賢斗(NTT東日本)、奥原希望(日本ユニシス)、山口茜(勝山高3年)ら現在日本代表で活躍している選手も頂点に立っている。

 

日本選手の結果は以下の通り。

 

【U17】

▼男子シングルス

1回戦

加藤 太基 ○2−0 Lam Hou Him (マカオ)

一井 亮太 ●0−2 Chan Yin Chak (香港)

2回戦

緑川 大輝 ●0−2 Fathurrahman Fauzi(インドネシア)

加藤 太基 ●0−2 Chen Chi Ting (台湾)

中山 裕貴 ○2−0 Andi Fadel Muhammad (インドネシア)

 

▼女子シングルス

1回戦

小西 春七 ●1−2 Yeung Sum Yee (香港)

水井ひらり ○2−1 Chieh Yu (台湾)

吉田 瑠実 ●1−2 Sri Fatmawati Fatmawati (インドネシア)

2回戦

水井ひらり ○2−1 Zou Zhuo Lin (マカオ)

明地 七海 ●0−2 Wulan Cahya Utami Sukoputri (インドネシア)

 

▼混合ダブルス

1回戦

武井優太/齋藤夏 ●0−2 Aji Maulana Maulana/Dara Sri Yuliani(インドネシア)

 

【U15】

▼男子シングルス

1回戦

山下 啓輔 ●0−2 Muhammad Febriansyah Febriansyah (インドネシア)

2回戦

川本 拓真 ○2−0 Kim Sung Joon  (韓国)

奈良岡功大 ○2−0 Chien Jonathan Shou-Zheng(香港)

河村  翼 ○2−1 Bobby Setiabudi (インドネシア)

 

▼女子シングルス

1回戦

内山 智尋 ○2−0 Le Xuan Teoh (マレーシア)

渡邉楠令帆 ●0−2 Leung Sze Lok (香港)

2回戦 

木村 百伽 ●0−2 Nita Violina Marwah (インドネシア)

内山 智尋 ○2−0 Lee So Yul (韓国)

貴田那菜子 ○2−1 Zhi Rui Bernice Lim (シンガポール)

 

投稿日:2015/10/08
■関連キーワード

   

人気記事ランキング