ザムスト×日本ユニシス 中西貴映インタビュー

ザムスト×日本ユニシス 中西貴映インタビュー

サポーターの着用によって フルで練習できる 状態に近づけます

サポーターを使うことへの抵抗感がなくなった

サポーターを使うようになったのは、昨年3月末にやったぎっくり腰がきっかけです。それからはどこか痛くなるたびにお世話になっています(苦笑)。7月末までは左ヒザに使い、いまは右ヒザ。9月中旬からは痛みがなかったのですが、年明けから右ヒザが痛むようになり、ここ1週間、左ヒザのとき使っていた「EK-1」を着用しています。

ぎっくり腰のときは、競技に復帰するときはもちろん、普段の生活でも「ZW-3」を使っていたんです。最初の1週間はイスに座るのも大変で、ずいぶん助けてもらいました。ただ使う前はサポーターに頼ることに抵抗があったんですよ。でも実際使ってみるとよすぎて、考えが変わりました(笑)。

だからその後、左ヒザが痛くなって左足を前に踏み込むのが怖くなったときも、素直にサポーターに頼ろうと思えたんです。着用することによってフルで練習できる状態に近づけますから。「EK-1」についていえば、サイドからしっかりヒザを押さえてくれるので、痛みの原因になるヒザのぐらつきがなくなり、よりプレーに集中できる。安心感があるというのが、サポーターをつけていない状態との大きな差かなと思います。

サイドからしっかりヒザを押さえてくれるので、痛みの原因になるヒザのぐらつきがなくなり、よりプレーに集中できる

ジュニアがサポーターに頼らないのはもったいない

もったいないと感じるのは、若い世代にサポーターに頼る人が少ないということですね。サポーターはママさん世代にはかなり浸透していますが、本来、どの世代にも使えるものだと思います。私自身、中学生のとき、1年間に身長が7センチずつ伸び、ヒザがすごく痛かったんです。でもひたすら我慢するだけで、サポーターを使おうという発想がありませんでした。いま思うと、使っていればもっと違ったかもしれないと感じています。

日本ユニシスに入ってからは、女子ダブルスを中心にやるようになりました。もちろん目標は日本代表になることです。内定選手だった1年前までは、私と海老原さんだけが日本代表に入っておらず、劣等感があったんですけどね。それが入社して代表選手のなかで練習してみると、「これでは入れないよな」と妙に納得してしまいました(苦笑)。だからこそ、今は前向きに差を埋めるためにどうすればいいのか、考えられるようになっています。来年、日本代表に入らないと、何も始まらないと思うので、意地でも代表に入る! というのがいまの私の気持ちです。

ケガに悩む中高生へのメッセージ
県大会で勝つのがやっとだった 私が日本ユニシスの一員に。 どんなときもあきらめず 前を向いて
message

県大会で勝つのがやっとだった
私が日本ユニシスの一員に。
どんなときもあきらめず
前を向いて

どんなに技術が上がっても体がしっかり動かなければ、せっかく練習した技術が使えません。ケガをしたときは無理せず、体を治してからプレーするほうがいいと思います。

個人的にはケガをしたり、伸び悩んでいる選手には、あきらめずに前を向いてと伝えたいですね。中学生のとき、私は全国大会を目標にできる選手ではなく、県大会で勝つのがやっとだったんです。だから当時の周りの人たちは、私が日本ユニシスに入るなんて想像できなかったはず(苦笑)。でも、こうして日本トップの実業団の一員になっている私のような選手もいるので、どんな人にも頑張ってほしいです!

プロフィール

なかにし・きえ◎1995年12月24日生まれ、神奈川県出身。清新中―大宮東高―早稲田大を経て2018年、日本ユニシスに入社。17年全日本総合では、女子単複、混合複で16強入りし、タフさを見せつけた。現在は主に女子ダブルスをプレー。18年日本ランキングサーキットで優勝を飾った。170cm。左利き。

ザムスト×日本ユニシス トッププレーヤーインタビュー

ザムスト オンラインショップ

投稿日:2019/02/27
■関連キーワード

         

人気記事ランキング