ザムスト×日本ユニシス 金子祐樹インタビュー

日本ユニシス#10 金子祐樹

練習でも試合でも、プレー時はずっと着用しています

ザムスト足首サポーターA1ショート

サポーターに助けてもらい、結果を残せた

もともと足首の関節が少し緩いほうで、中高生のころから軽くひねったりというのはよくあったのですが、2015年の11月にひどいネンザをしてしまい、それが足首のサポーターを着け始めたきっかけです。12月上旬の全日本総合選手権にどうしても出なくてはいけないと、短い期間で治療したのですが、完全には治らなかったので、サポーターを着けて出場しました。結果はベスト8。その年は、最低でもベスト8と思っていたので、なんとか目標はクリアしました。

もちろんケガをしていなかったら、もう少し楽に勝ち上がれていたかなとか、もっといいプレーができたんじゃないかなという思いはありますが、それでも完治していない状態でも動けたのは、やっぱりサポーターに助けてもらったところは大きかったですね。

いまはまったく不安のない状態ですが、それ以来、予防の意味で、練習でも試合でも、プレー時はずっと着用しています。逆にサポーターを着けないと、大丈夫かなという不安感がある。もともとひねりやすいので、着けているだけで安心感がありますね。

サポーターに助けてもらい、結果を残せた

ホールド感が緩いと動きづらい

今年の春から、チームがザムストとオフィシャルパートナーシップ契約を結んだこともあり、担当の方と直接コミュニケーションできるのも、すごく心強いです。一度、「もう少しソフトなタイプを試してみたら?」という提案をしていただいて、別のタイプも着けてみたんですが、やはり僕にはこの『A1ショート』が一番しっくりくるというのがわかりました。ホールド感が少し緩めのものだと不安があって、逆に動きづらく感じてしまうんです。

今年の全日本総合では、ベスト4でした。優勝をねらっていたので本当に残念ですが、自分たちらしいラリーを展開するダブルスに磨きをかけて、さらに飛躍していきたいという思いは強くなりました。たくさんの方々にサポートしていただいているので、これからも頑張っていきます。

ケガに悩む中高生へのメッセージ
復帰後の準備期間”として、 有意義に過ごそう!
message

プレーできない時間は
“復帰後の準備期間”として、
有意義に過ごそう!

ケガをしている期間というのは、誰でも気持ちが落ち込んだりするものだと思います。僕自身、社会人になってからケガで4~5カ月間、プレーできないことがあったのですが、やはり最初はすごく落ち込みました。でもそのとき、バドミントンができないからこそ、自分がバドミントンを本当にやりたいんだなという気持ちを再確認できたんです。

そこで気持ちを切り替えて、復帰したときのことを想定して、すべてを万全に準備しようと有意義に過ごすことができるようになりました。ケガをしたから気づけることを大切に、そしてケガを少しでも早く治すための治療やリハビリなど、目の前のできることにしっかりと取り組むことが大切なんじゃないかなと思います。

プロフィール

かねこ・ゆうき◎1994年7月22日生まれ、埼玉県出身。埼玉栄中―埼玉栄高を経て2013年、日本ユニシスに入社。主に男子ダブルスで活躍(パートナーは井上拓斗)。12年インターハイ複優勝、世界ジュニア複準優勝。17年は世界最高峰のスーパーシリーズで初めて決勝に進出するなど、飛躍の1年に。179㎝・68㎏。左利き、O型。

ザムスト×日本ユニシストッププレイヤーインタビュー


投稿日:2017/12/04
■関連キーワード

         

人気記事ランキング

閉じる