【イベントレポート】再春館製薬所が熊本市で小学生を対象に講習会を実施

10月17日、再春館製薬所バドミントン部が熊本県の熊本市総合体育館で、熊本市内の小学生を対象にバドミントン教室を開催した。

10月17日、熊本県熊本市で行なわれた再春館製薬所による講習会。チーム関係者と参加した小学生で記念撮影 写真/再春館製薬所

当日は、池田雄一監督はじめコーチングスタッフ4名、選手7名が講師として参加。熊本市内の小学生60名にステップやトレーニング、基礎打ちなどを指導した。

S/Jリーグのトップチームとして活躍する再春館製薬所の選手たちの模範試合には、小学生たちから大きな歓声も。コロナ対策を実施しながら、選手たちは記念撮影やサインなどにも対応した。

小学生に笑顔で指導する橋本博且コーチ 写真/再春館製薬所
選手たちも試合とは違う柔和な笑顔で子どもたちにアドバイス。写真は福本真恵七 写真/再春館製薬所

同日の講習会に講師として参加した選手・コーチは、下記の通り。

チームスタッフ:池田雄一、橋本博且、垣岩令佳、渡邉達哉 選手:小野菜保、福本真恵七、内山智尋、郡司莉子、金廣美希、廣上瑠依、加藤佑奈

なお、山口茜、志田千陽、松山奈未は日本代表としてヨーロッパに遠征中。

再春館製薬所は熊本県のバドミントンの普及・発展を目的に、熊本県バドミントン協会と協力し、県内の20郡市において講習会を実施している。

10月17日の講習会には熊本市内の小学生60名が参加した 写真/再春館製薬所

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/再春館製薬所バドミントン部

投稿日:2021/10/18
■関連キーワード

         

人気記事ランキング