【パラリンピック】車いす女子単エースの里見が金メダルを獲得!鈴木は立位クラスで銀&銅メダルを手中に!<大会4日目結果>

9月4日に開催された東京パラリンピック・バドミントン競技(東京・代々木競技場第一体育館)4日目は、各種目の決勝トーナメントが行なわれた。

初日結果 / 2日目結果

3日目結果 / 4日目結果

最終日結果

車いす・女子シングルスWH1メダル候補の里見紗李奈(上写真)は、準決勝で中国の尹夢璐と対戦。予選リーグでは0-2で敗れた相手との再戦だったが、里見はメダルがかかった大事な試合で奮起。第1ゲーム18本に抑えると、第2ゲームも21-18で制して決勝進出を決めた。

パラリンピックでの初の金メダルがかかった決勝は、ライバルであるスジラット・ポッカム(タイ)と対戦。第1ゲーム14-21で落とした里見だったが、第2ゲームを21-19で制して1-1のイーブンに戻す。運命のファイナルゲームは、主導権を握った里見が21-13で勝利。難敵をクリアした里見が金メダルを獲得し、車いすWH1初代女王に輝いた

車いす・女子シングルスWH1で優勝を飾った里見。メダル候補のプレッシャーをはねのけて頂点に立った

立位・女子シングルスSU5は、日本の鈴木亜矢子、亀山楓、杉野明子の3選手が準決勝に進出。鈴木VS亀山の試合は、鈴木が2-0で勝利して決勝に勝ち進んだが、もう一つの準決勝に挑んだ杉野は、中国選手に敗れて亀山との3位決定戦にまわった。

同種目の初優勝に王手をかけた鈴木(上写真)は、杉野を破った強敵・楊秋霞と対戦。第1ゲーム17-21とねばりを見せた鈴木だったが、第2ゲームは9本に抑えられ敗戦。初のパラリンピックで銀メダルを獲得した。同3位決定戦は、杉野が亀山とのファイナル勝負を制して銅メダルを手にしている。

立位クラス・SU5で銀メダルを獲得した鈴木

このほかメダルを獲得したのは、車いす・女子シングルスWH2の山崎悠麻。準決勝で中国選手に0-2で敗れて3位決定戦に挑戦すると、予選リーグで一度敗れたトルコ選手に2-0で勝利。リベンジを果たし銅メダルをつかみとった。

また、立位・女子ダブルスSL3-SU5の伊藤則子/鈴木亜弥子も、3位決定戦で対戦したフランスペアを16本、18本のストレートで下し、銅メダルを獲得。鈴木は女子シングルスと合わせて、2つ目のメダルを手中におさめた。

9月5日に行なわれる競技最終日は、残り種目の決勝・3位決定戦を実施。車いす・男子シングルスWH2の準決勝を制した梶原大暉が決勝に登場。同女子ダブルスWHの里見紗李奈/山崎悠麻も金メダルをかけて中国ペアと対戦する。

車いす・男子シングルスWH2準決勝を2-0のストレートで制した梶原。金メダルをかけて韓国選手と決勝を争う
立位・女子シングルスSU5銅メダリストとなった杉野。日本人対決となった3位決定戦を制した
立位・女子ダブルスSL3-SU5では、伊藤(右)/鈴木が3位決定戦を制して銅メダルを獲得

競技4日目の日本選手の結果は以下の通り。

決勝トーナメント

クラス:車いす

【女子シングルス】

▼WH1/準決勝

里見紗李奈②〔21−18、21−18〕0●尹夢璐(中国)49分

▼WH1/決勝

里見紗李奈②〔14−21、21−19、21−13〕1●スジラット・ポッカム(タイ)55分

※里見が金メダル獲得

▼WH2/準決勝

山崎悠麻●0〔12−21、13−21〕②徐婷婷(中国)34分

▼WH2/3位決定戦

山崎悠麻②〔21−16、21−8〕0●エミネ・セジュキン(トルコ)29分

※山崎が銅メダルを獲得

【男子シングルス】

▼WH1/準決勝

村山浩●0〔16−21、11−21〕②屈子墨(中国)40分

▼WH1/3位決定戦

村山浩●1〔20−22、21−17、14−21〕②イ・ドンスプ(韓国)72分

▼WH2/準決勝

梶原大暉②〔21−14、21−15〕0●キム・ギョンフン(韓国)47分

※梶原が決勝に進出

【男子ダブルス】

▼WH/準決勝

村山浩/梶原大暉●0〔8−21、17−21〕②麦建朋/屈子墨(中国)

※村山/梶原は3位決定戦へ

【女子ダブルス】

▼WH/準決勝

里見紗李奈/山崎悠麻②〔21−17、21−16〕0●スジラット/アムノウィ(タイ)35分

※里見/山崎が決勝に進出

クラス:立位

【男子シングルス】

▼SL3/準決勝

藤原大輔●0〔11−21、16−21〕②パラモド・バーガット(インド)36分

▼SL3/3位決定戦

藤原大輔●0〔20−22、13−21〕②マノジュ・サルカル(インド)47分

【女子シングルス】

▼SU5/準決勝

鈴木亜矢子②〔21−2、21−13〕0●亀山楓24分

杉野明子●0〔11−21、11−21〕②楊秋霞(中国)29分

▼SU5/決勝

鈴木亜矢子●0〔17−21、9−21〕②楊秋霞(中国)28分

※鈴木が銀メダル獲得

▼SU5/3位決定戦

杉野明子②〔21−16、6−21、21−13〕1●亀山楓45分

※杉野が銅メダル獲得

【女子ダブルス】

▼SL3-SU5/準決勝

伊藤則子/鈴木亜弥子●0〔6−21、12−21〕②馬会会/程和芳(中国)21分

▼SL3-SU5/3位決定戦

伊藤則子/鈴木亜弥子②〔21−16、21−18〕0●モラン/ノエル(フランス)27分

※伊藤/鈴木が銅メダルを獲得

【混合ダブルス】

▼SL3-SU5/準決勝

藤原大輔/杉野明子●0〔10−21、11−21〕②マジュル/ノエル(フランス)29分

※藤原/杉野は3位決定戦へ

◎9月5日の対戦カード

クラス:車いす

【男子シングルス】

▼WH2/決勝

梶原大暉 − キム・ジョンジュン(韓国)

【女子ダブルス】

▼WH/決勝

里見紗李奈/山崎悠麻 − 劉禹彤/尹夢璐(中国)

【男子ダブルス】

▼WH/3位決定戦

村山浩/梶原大暉 – ジャカリン/ドゥムネル(タイ)

クラス:立位

▼SL3-SU5/3位決定戦

藤原大輔/杉野明子 – バーガッド/コハリ(インド)

■クラス

WH1 車いす

WH2 車いす

SL3 立位:下肢障がい(重度)

SL4 立位:下肢障がい(軽度)

SU5 立位:上肢障がい

SH6 立位:低身長

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/Getty Images

投稿日:2021/09/04
■関連キーワード

               

人気記事ランキング