【全日本総合2020:追記】「プロとしてプレーしている以上は結果が求められる」(奥原)24日/選手コメント-9

12月24日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)3日目は5種目の2回戦が行なわれた。ここでは、男子ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

奥原希望
(太陽ホールディングス)

2回戦結果:内田美羽(青森山田高)に2-0で勝利

今日のテーマは、人それぞれで違うタイミング、特に今日は勢いのある高校生のタイミングに合わせて、しっかり対応することでした。去年は、自分のやってきたことが相手のリズムに合わないと、モヤモヤするところがありましたが、今年は合わせる余裕があります。というより、リズムが合わない局面は開き直って、無理せずにコントロールしてラリーをすることができてます。そこは、1年間積み重ねてきたことでできた余裕ですね。

プロとしてプレーしている以上は、結果が求められます。これからどんどん強い相手と当たるので、今日は強豪対策のイメージを試しながら試合をしていました。

内田美羽
(青森山田高)

2回戦結果:奥原希望に0-2で敗戦

相手の方が自分よりもスピードがあって、対応できませんでした。大きなレベルの差を感じたので、ここからもっと頑張りたいという気持ちです。

奥原選手が相手なので緊張はしたんですけど、何か一つでも自分のものにできるものがあればと思ってコートに入りました。奥原選手のコントロールとか、駆け引きのうまさなどを体験して、自分ももっと考えて打ったり、バドミントンに対する意識を高めていきたいと思いました。

通用したのは…自分の上からのショット、カットが得意なんですけど、それが何本か決まったところはよかったです。この試合を通して、またここに戻ってきて戦いたい思いが強くなりました。

髙橋沙也加
(日本ユニシス)

2回戦結果:佐藤冴香(ヨネックス)に1-2で敗戦

正直、今回は勝てないと思っていて…。2カ月前に大きなケガをしてしまい、フルでコートを動けるようになったのは先週くらいから。周りの方も心配してくれて、お姉ちゃん(礼華)にも話したら「無理しなくていいんじゃない?」と言ってくれました。でも、やっぱり総合にかける思いは強いですし、それ(棄権)は自分が許せない。負けず嫌いなので、何がなんでも出たいと思って出場を決めました。まずはコートに立てたことが奇跡。ここまでできたことに、自分自身でも驚いています。最低限のパフォーマンスは出せたかなとは思います。

大事な時期にケガをしてしまって、すごく悔しいです。ただ、練習不足を悔やんでも仕方がないので、ここからもう一度、いかに這い上がれるか。もう自分は踏ん張るしかない……踏ん張らないといけない。代表はどうなるかわからないけれど、五輪レースがまだ残っています。オリンピックに出れる、出られないは別にして、前回のレースもケガがあって途中でリタイアしているので、今回はやり切りたい思いが強いです。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/25
■関連キーワード

            

人気記事ランキング