【バドマガ情報】技術特集・龍谷大式レシーブ強化のメソッド! 1月号のココに注目!<3>

12月22日(火)にバドミントン・マガジン1月号が発売されました! 今回も企画の内容などを、数回に分けて詳しく紹介していきます。各ページの担当編集者による”一口メモ”もありますので、購入時の参考にしてください!

前号に引き続き、「強くなりたい」「大会で結果を残したい」という中・上級者に向けた技術特集です。今回のテーマはレシーブ。龍谷大監督の古財和輝氏にポイントをお聞きしました!

担当編集者の一言

前号は、武下利一コーチにスマッシュの強化ポイントを解説してもらいました。今回は、古財監督に登場していただき、レシーブについての強化ポイントや練習法を紹介してもらいます。

古財監督が技術特集の中でもっとも大事にしてほしいと語るのは「シャトルに体を寄せる」ことです。フットワークを使い、シャトルに近づいて打つ。当たり前のことのように思えますが、その基本ができていない選手が多いようです。

近年はラケットの進化などによって、レシーブがしやすくなっています。が、“レシーブの質”という点では、「単純に当てて返すだけのプレーが増えている」と古財監督は危惧しています。まずはレシーブ向上の基礎を振り返り、プレー全体のレベルを上げていきましょう!

Amazon

楽天BOOKS

スポーツクリック

定期購読(定期割)

ベースボール・マガジン社 販売部
0120‐911‐410

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2020/12/24
■関連キーワード

            

人気記事ランキング