【全日本総合2020】「練習では味わえない緊張感があった」(古賀)23日/選手コメント-2

12月23日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)2日目は、男子シングルス、女子シングルス、混合ダブルスの3種目が行なわれた。ここでは、男子シングルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

古賀穂
(NTT東日本)

1回戦結果:内野陽太(埼玉栄高)に2-0で勝利

1年ぶりの試合は、練習では味わえない緊張感があって、それを乗り越えての初戦突破という感じでした。相手は勢いのある高校生でしたが、自分のプレーをしっかり出せたのがプラスだったと思います。いいスタートダッシュができました。今回は自分の目標がベスト4ですが、ここまで多くの人が支えてくださったので、活躍して恩返しもできればなと思います。

内野陽太
(埼玉栄高)

1回戦結果:古賀穂(NTT東日本)に0-2で敗戦

相手はB代表の選手。1ゲームでも取ってナショナルスタッフにアピールしてB代表入りをねらっていたのですが、ラリー力や体力、フィジカル面で差を感じました。最初は競ることができたのですが、最後の方は自分が疲れてしまって、ミスが増えてしまいました。でも、高校最後の試合で、自分の持っている力はすべて出せたのはよかったです。埼玉栄の6年間で、選手としても人としても成長できたと思うので、今後につなげていきたいです。

高校卒業後は大学に行きます。社会人やB代表の選手を相手に、もっと競っていけるようなフィジカルをつけて、ショットの精度を上げていきたい。B代表に入ることを目標に頑張っていきたいです。

秦野陸(トナミ運輸)

1回戦結果:藤原圭祐(法政大)に2-0で勝利

トナミ運輸に入って初めての試合で、とても緊張しました。トップチームに入ったので負けられない気持ち、責任というのがすごくあって…。でも、それで縮こまっても意味がない。ここまでやってきたことをすべて出したかったので、最初の1球目から声を出して、のびのびとプレーできたかなと思います。

(体が大きくなったのでは?)周りの人にもよく言われます。自分ではあまり実感はないのですが…。この1年は自分の攻撃を生かせるように、ディフェンスや配球、フットワークのスピード強化などに取り組んできました。藤原選手もタッチが早くて、なかなか打たせてくれる場面はなかったのですが、その中でも所々でスピードを上げて打ちにいく場面が作れたので、少し成長を感じました。

2回戦は桃田(賢斗)選手と対戦します。自分の目標はB代表に入ることなので、ここで少しでもアピールできるようにしたい。相手に向かっていって、自分の全力をぶつけたいです。

藤原圭祐
(法政大)

1回戦結果:秦野陸(トナミ運輸)に0-2で敗戦

久々の試合だったので、出足から思うようにできず、それを最後まで引きずってしまいました。また、相手のほうがショットの質もスピードも上だったかなと思います。(コロナ禍での練習は)自分の練習が正しいかもわからない中で、苦手なレシーブを強化してきました。でも、本番で試した時に、うまく使えていなかったのが悔しいです。卒業後はジェイテクトに進みます。総合はまだ勝ったことがないので、総合で勝てる選手になるために、もっと練習を頑張りたいと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/23
■関連キーワード

               

人気記事ランキング