【全日本総合2020】「自分が主導権を握りながらプレーできたのでよかった」(常山)23日/選手コメント-1

12月23日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)2日目は、男子シングルス、女子シングルス、混合ダブルスの3種目が実施された。ここでは、男子シングルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

【選手コメント】

常山幹太
(トナミ運輸)

1回戦結果:花田彬(八代東高)に2-0で勝利

久しぶりの試合でしたが、しっかりウオーミングアップなどができましたし、前半から足を動かしていいプレーができたと思います。(序盤は)まずシャトルの感覚、コート感覚をつかめたら、と思っていました。最初に感覚をつかめて、終始、自分が主導権を握りながらプレーできたのでよかったです。

(対戦相手は高校生だったが)相手の試合も動画でみていたんで、ある程度は相手のプレーはわかっていました。(会場も)シャトルが飛ばないと聞いていましたが、自分的には飛ぶシャトルだったと感じました。しっかりコントロールしようと思ってコートに入って、シャトルの感覚をつかむことができたのでよかったと思います。

3月から試合がなくなって、正直、モチベーション低くなっていた時期もありました。それでも気持ちを切り替えて、9月の代表合宿が始まる前にしっかり練習をやろうと。やることはやっていたので、なんとか維持できていたかなと思います。

全日本総合の目標は優勝ですが、世界ランキング1位、桃田賢斗選手がいるので、なかなか難しいとは思っています。もちろん本当は勝ちたいですが、しっかり決勝までいって、2番手としていられるように頑張りたいです。

五十嵐優(日本ユニシス)

1回戦結果:小本大佑(NTT東日本)に2-1で勝利

去年の総合は万全な状況で臨めなかったけど、今回は試合があったりなかったりという状況の中で、こうやって試合ができたことはうれしいですし、久々なので楽しかったです。(パフォーマンスは)ファイナルゲームで点差を離したのに、そのままいけなかったので、そこはダメでした。でも、総合は競るのが当たり前。まずは勝つことができてよかったです。

田中湧士(日本大)

1回戦結果:野田統馬(日本大育大)に2-1で勝利

久しぶりの試合でしたし、相手が(高校の)後輩ということもあって、1ゲーム目は緊張して自分のプレーがうまくいかないところがありました。2ゲーム目に入ってからは、前半にリードされた時“とりあえず足を動かそう”と吹っ切れた部分もあり、そこから修正ができました。

明日の2回戦の相手は、昨年敗れた坂井さん(一将・金沢学院クラブ)なので、しっかり自分から向かっていきたい。スマッシュはすごくいい球がくるので、そのような球を出さなせないようにしながら、自分の100パーセントを出し切りたいと思います。

野田統馬(日本体育大)

1回戦結果:田中湧士(日本大)に1-2で敗戦

相手は八代東高校の2個上の先輩。一度も勝ったことのない格上の選手なので、向かっていって、今の自分の力を試したいと思っていました。自分の強みである攻撃で勝負しようと思っていて、最初はできていたのですが…ファイナルゲームの前半、その攻撃を連続でミスしてしまったのがよくなかったです。相手は無駄なミスがなく、勝負所できっちり球を入れてくる。間の使い方にも差を感じました。

自分はB代表に入ることが目標なので、今回、B代表の選手と対戦できたことはよかったです。大学でも代表に入るために練習をしっかりやっていきたいです。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

投稿日:2020/12/23

人気記事ランキング