【全日本総合2020】「一つひとつのショットを確認しながらやれた」(山口)23日/1回戦後コメント

12月23日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)2日目は、男子シングルス、女子シングルス、混合ダブルスの3種目を実施している。ここでは、女子シングルスに出場した山口茜(再春館製薬所)のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

山口茜(再春館製薬所)

1回戦結果:上杉杏(明治大)に2-0で勝利

――試合を振り返って。

1ゲームは集中して試合に入れたと思いますが、2ゲーム目は少し点数につながらなくて、思ったところにいかないことが多かったです。明日以降、よりよくしていきたいです。

――余裕のある試合運びに見えたが。

初戦ということもあって、特に1ゲーム目は、序盤で点差が開いたこともあり、一つひとつのショットを確認しながら…。例えば、奥まで飛ばしたり、入れるということを意識してやれた試合だったと思います。

――内容に納得できましたか。

初戦はなかなかうまくいかないこともある。点数を見ればいい試合ができたと思いますが、ショットの感覚は、まだまだだなという感じです。

――大会で練習の成果を確認すると話していた。その成果は?

悪くはないと思いますけど、これから徐々に相手も強くなっていくと思うので、より試合の中で、やってきたことを確認していきたいと思います。

――2回戦は郡司(莉子)選手との対戦です。

あまりこちらとしては意識せずに、戦いたいと思います。

――大会がない間に、特に強化したことは。

特にはないのですが、試合がなかったぶん練習ができるので、毎日同じ繰り返しのなかで、1日1日を集中してやっていこうと思っていました。

――久しぶりの試合ですが、試合の入り方で大事にしたことは?

アップの段階で、いつも以上にしっかり息を上げたり体を温めたりしました。緊張すると思ったので、1ゲーム序盤からしっかり試合に入れるようにも意識しました。(大会前には)対外試合もやらせてもらっていたので、焦ることなくできたと思います。

――無観客の試合に関して。

公式戦の雰囲気は少ないと思いますけど、今、試合ができるだけでもありがたいので、個人的には気にせずできたかなと思います

――ツイッターでレゴについてあげていらっしゃいますが、集中力が養われるなどバドミントンへのいい影響を何か感じますか?

実感はしてないんですけど、楽しくやっています(笑)。

取材・構成/江國晴子、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/23
■関連キーワード

         

人気記事ランキング