【パラ大会結果】男子車いすWH1で村山浩が初優勝! 立位SL4の藤原大輔は6連覇 『DAIHATSU日本障がい者バドミントン選手権』

パラバドミントンの日本一を決める『DAIHATSU 日本障がい者バドミントン選手権』が、12月19日(土)、20日(日)の2日間、滋賀県草津市のYMITアリーナ(くさつシティアリーナ)で開催された。20日は、各クラスの決勝および3・4位決定戦が行なわれた。

新型コロナウイルス感染予防のため、今大会は全クラスともシングルスのみ実施。また、無観客での開催となったが、全試合がウェブでライブ配信された。

男子は、立位の下肢障がいクラスSL3の藤原大輔が第1回大会からの優勝記録を伸ばして、6連覇を達成。「今日は負けられない戦いだったと思う。5回、6回と勝ち続けることで、自分の自信につなげていきたい」と試合後の藤原。「東京パラリンピックでは表彰台の一番上にのぼりたい」と今後の目標についても語った。

男子SL3で6連覇を果たした藤原大輔

男子車いすのWH1(障がいの重いクラス)では、村山浩が初優勝。決勝では、このクラスの第一人者、日本選手権4度優勝の長島理をストレートで破る快勝だった。「今まで決勝で長島くんに勝つことができなかったので、それができてうれしい。パワーで押すという自分の持ち味が出せた」と初優勝の感想を語った。

男子WH1で初優勝の村山浩

男子車いすのWH2(障がいの軽いクラス)では、村山とのペアで東京パラリンピック出場を濃厚としている梶原大輝が2連覇を達成。また、立位の上肢障がいクラスSU5では、今井大湧が5度目の優勝を果たしている。

各クラス決勝の結果は下記の通り。

【男子シングルス】

WH1 村山浩②〔21-13、21-10〕0 長島理

WH2 梶原大暉②〔21-10、21-14〕0 渡辺敦也

SL3 藤原大輔②〔21-12、21-8〕0 末永敏明

SL4 山本勝洋②〔21-15、21-17〕0 中村海斗

SU5+ 今井大湧②〔21-13、21-7〕0 浦哲雄

SH6 優勝:畠山洋平 準優勝:上野智哉 ※SH6クラスは4選手による総当たり戦の結果により順位が決定

ID7 中野林太郎②〔20-22、21-14、23-21〕1 田中和弥

 

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

投稿日:2020/12/21

人気記事ランキング