【選手情報】「強いペアや、まだ勝てていないペアと試合をするのが楽しみ」<東野コメント>

12月9日、東京都内のヨネックス東京ショールームにおいて、来年1月に開催されるBWFワールドツアー3大会でヨネックスがサプライヤーおよびスポンサーとしてサポートすることを発表した。オンライン記者会見には、ヨネックスの林田草樹代表取締役社長のほか、桃田賢斗、東野有紗も出席。記者会見および会見後に、桃田と東野が取材に対応。それぞれ、近況や2週間後に迫る全日本総合への意気込み、来年のワールドツアーに向けた熱い思いを語った。

以下は東野との質疑応答。

――今、どれくらい練習ができていますか。

東野 なかなか練習ができない時間も多かったのですが、会社の方々やヨネックスさんのサポートもあり、毎日充実した練習ができています。これからもタイOPに向けて練習を積んでいきたいです。

――タイの国際大会の前に12月には全日本総合がある。総合の位置付けと、目標について教えてください。

東野 久しぶりの大会なので、(渡辺)勇大くんと二人で、楽しんでプレーできたらと。4連覇がかかっているのですが、あまり意識せず、自分たちの今出せるプレーというのをしっかり全日本総合で出していけたらいいなと思います。

――練習を積んできたということですが、どのあたりに自信がつきましたか。

東野 ネット前のプレーのクオリティを高めるということを意識して取り組んできたので、ネット前でのプレーを皆さんに見ていただきたいです。

――来年はオリンピックイヤー。幸先のいいスタートを切る上でも、タイでの2大会(ヨネックス・タイOP、トヨタ・タイOP)は重要になる。あらためてどういう大会にしたいか。

東野 私はデンマークOPにも出ていなくて、久しぶりの国際大会になります。めざすところは優勝なんですけど、久しぶりなのですごく楽しみで。自分でも、どんな大会になるかな…と思っているところです。

――試合がない期間に具体的に取り組んできたことを教えてください。

東野 私は劣勢になった場面で、ミスをしてしまうことが多かったので、そこで冷静に自分たちの攻撃につなげるということを、今、二人でめざしているところです。そこをもっと強化して、コンビネーションやローテーションを強化しています。

――東野選手も体がフィットしている印象です。体重やトレーニングの重さなど、何か数字や数値に表れている部分はありますか。

東野 けっこう「痩せた」とか言われて、実際に体重も何キロか落ちています。たぶん、練習で女子ダブルスもやることが多かったので、ミックスダブルスと違って動く量も変わってくる部分もあり、それで痩せたんじゃないかなと思います。スピード感ある動きを出せると思います。

――コロナの影響で先が見えない状況が続いていた。どんな思いで練習を続けてきたか。

東野 私はモチベーションが少し下がったりすることもあったのですが、勇大くんと練習する時間が増えて、今は来年の東京オリンピックに向けて、モチベーションが下がることなく練習できています。自分たちの課題が多かったので、そこを一つひとつ修正していこうと二人で毎日話し合っていたので、充実した練習ができています。

――タイOPは、東野選手にとって全英OP以来の大会となる。これだけの長い期間空いたのは、ハンディと感じるか。それとも楽しみのほうが大きいか。

東野 すごく楽しみですね。自分たちよりも強いペアや、まだ勝てていないペアもいるので、その選手たちと試合ができるという楽しみでいっぱいです。

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

 


投稿日:2020/12/10
■関連キーワード

            

人気記事ランキング