【日本代表】デンマークOPの派遣選手を発表! 桃田賢斗、山口茜ら5種目すべてで日本勢が第1シードに!

10月1日、日本バドミントン協会は10月13日から18日まで開催されるBWFワールドツアー・デンマークOP(オーデンセ)の派遣選手を発表した。各種目の出場選手は以下の通り。

▼男子シングルス

桃田賢斗(NTT東日本)

西本拳太(岐阜県協会)

常山幹太(トナミ運輸)

渡邉航貴(日本ユニシス)

▼女子シングルス

奥原希望(太陽ホールディングス)

山口茜(再春館製薬所)

大堀彩(トナミ運輸)

髙橋沙也加(日本ユニシス)

▼男子ダブルス

遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)

園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)

保木卓朗/小林優吾(トナミ運輸)

古賀輝/齋藤太一(NTT東日本)

▼女子ダブルス

松本麻佑/永原和可那(北都銀行)

福島由紀/廣田彩花(丸杉Bluvic)

志田千陽/松山奈未(再春館製薬所)

▼混合ダブルス

渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)

昨年のデンマークOP男子シングルスを制した桃田賢斗

BWFワールドツアーは3月に開催された全英OP(Super1000)以降、新型コロナウイルスの感染拡大により各種大会が中止・延期となり、半年以上も国際大会が行なわれない状況が続いていた。今回のデンマークOPが実施されれば、約7カ月ぶりにトップ選手たちの真剣勝負がコートの中で繰り広げられることになるが、現時点では中国、インドネシア、韓国、タイ、マレーシアといったアジアの強豪国が参加を見送っている。世界ランキング上位選手らを擁する国では日本のほかに、地元のデンマークが出場。アジアからは男子シングルスWR2位の周天成(台湾/チョウ・ティエンチェン)などが参戦予定だが、ほとんどはヨーロッパを中心とした選手らで組み合わせが構成されている。

9月29日付で発表されている各種目のドローを見ると、5種目すべての第1シードに日本選手が入った。男子シングルスWR1位の桃田は初戦でカナダ選手と対戦。女子シングルス第1シードの山口茜はエストニア選手と初戦を戦う。男子ダブルスの園田啓悟/嘉村健士、女子ダブルスの福島由紀/廣田彩花は2回戦からの登場。混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗は、アイルランドのペアと1回戦で激突する。

なお、日本選手は大会終了後、10月20日(火)に帰国する予定。

女子シングルス第1シードの山口茜は2016年同大会で優勝した実績を持つ
前回の女子シングルス準優勝の奥原希望は第2シードでスコットランド選手と対戦

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2020/10/01
■関連キーワード

            

人気記事ランキング