【バドマガ連載】藤本ホセマリの「極バド」レッスン第14回動画<ラウンドを極める!>

バドミントントレーナー・藤本ホセマリ氏によるショットや動きを極めるための連載「藤本ホセマリの『極(ごく)バド』レッスン」

2020年6月号の連載第14回のテーマは、「ラウンドを極める!」。皆さんは、バック奥にきたシャトルに対して、ラウンドでとらえるか、ハイバックでとらえるか悩んだことはないでしょうか。

まず考えるべきは、ハイバックでとらえるよりも、ラウンドでとらえたほうが強いショットを打てるということ。つまり、第一の選択肢としては、より強く攻撃的なショットを打つことができるラウンド、ということになります。

バドミントン・マガジン6月号の誌面では、ラウンドのショットを極めるポイントを紹介しています。ポイントは打点とスイング。

ラケットを縦に振る、通常のオーバーヘッドストロークと異なりますので、誌面と動画の両方でチェックしてみてください!

動画撮影/川口洋邦  動画編集/熊谷修治

文/バドミントン・マガジン編集部

 


投稿日:2020/05/27

人気記事ランキング