【大会情報】2021年ウエルバ世界選手権の新たな開催日程が決定!

5月1日、BWF(世界バドミントン連盟)とスペインバドミントン連盟は、来年8月にスペイン・ウエルバで開催予定だった世界選手権を、2021年11月29日(月)から12月5日(日)の期間に移行することを発表した。

新型コロナウイルスの影響により、3月にIOC(国際オリンピック委員会)が東京オリンピックの開催を2021年に延期することを発表。この決定を受けて、BWFとスペイン連盟は同時期に予定されていた世界選手権の日程を移行する議論を始めており、選手やスタッフ、そしてファンのために2021年内に開催することが望ましいと判断。年末への日程変更を調整していた。この決定により、2021年はオリンピックと世界選手権の2つのビッグイベントが実施されることになった。

ウエルバ世界選手権が21年内に開催されることに関し、BWFのポール・エリック・ホイヤー会長は「(日程の変更により)世界選手権が成功をすることに自信を持っている。また、これによってオリンピック、世界選手権の両方の大会が、すべての選手に公平に行なわれることになった」と語っている。

また、ウエルバ世界選手権は、過去3回も世界女王に輝いたキャロリーナ・マリーン(スペイン)の功績を称えて名付けられた「キャロリーナ・マリーンスタジアム」で開催されることも決定している。


投稿日:2020/05/01
■関連キーワード

               

人気記事ランキング