【大会情報】BWFがインドネシアOP、タイOPなどの開催延期を発表

4月6日(月)、BWF(世界バドミントン連盟)は5月から7月までに開催される予定だったBWF公認の国際トーナメントの中断を発表した。同期間に開催予定のトーナメントには、Super1000のインドネシアOP(ジャカルタ)や、Super500のタイOP(バンコク)のほか、パラバドミントン、ジュニアの大会も含まれている。

なお、2021年に延期となった東京オリンピック・パラリンピックの選考方法について、BWFは数週間の時間を要することも合わせて発表した。

▼過去のニュース

世界ランキング凍結については こちら

東京オリンピック延期については こちら

トマス杯・ユーバー杯延期については こちら

4月の国際トーナメント延期については こちら

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2020/04/06
■関連キーワード

人気記事ランキング