【日本代表情報】「私らしく自分の道を進んでいけたら」(奥原)<選手コメント>

12月29日より味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿中の日本代表が、1月1日、練習を公開した。

マレーシアマスターズ(1月7日~12日)、インドネシアマスターズ(1月14日~19日)の連戦を控える日本代表は、1月4日までNTC(味の素ナショナルトレーニングセンター)で強化合宿を行ない、そのままマレーシアへ出発する予定だ。

下記は、公開練習後に取材に応じた奥原希望、園田啓悟/嘉村健士のコメント。

奥原希望

「私は、ほかのメンバーよりも実業団の試合がなかったぶん、先に休んで先にスタートしていたので、今日2020年が始まったという感覚はありません。

今年は東京オリンピックがありますが、私らしく自分の道を進んでいけたらいいなという思いはあります。去年、悩んだところがありましたが、進んでいく道というのがはっきりしたので、それを貫いていきたいと思います。今年のテーマは、“貫く”です。

初詣では、願い事ではなく、“自分がこうしていきます”という宣言をしました」

園田啓悟/嘉村健士

嘉村「新たな年になって、今日、こうしていい練習ができたので、今年1年がいい年になるように、また頑張りたいなと思います。

例年、年末年始は実家で過ごしていているので、なんでここにいるんだろうというのが実際の感想。本当に年末年始なのかなとも思いますね(笑)。

めざすところは東京オリンピックですが、一つひとつの試合が大事になってくると思います。まずは1月、マレーシアマスターズ、インドネシアマスターズで自分たちらしい試合をして、最後にいい結果で終われるようにと思っています」

園田「初詣では、残り少ないレース、まずはケガなくしっかりやれたらという思いで参拝しました。

年末年始という感じはしないですけど、大事な1年になりますし、合宿でしっかり追い込んでいきたいなと思います。

まずはマレーシアマスターズ、インドネシアマスターズに向けて、いい結果を出したいです」

 

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2020/01/02
■関連キーワード

            

人気記事ランキング