【全日本総合2019】「決勝は自分たちのプレーをするだけ。気持ちでプレーしたい」<男子ダブルス・準決勝コメント-1>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」の準決勝が、11月30日に東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に開催された。ここでは、男子ダブルスの決勝進出を決めた選手のコメントを紹介する。

園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)

結果:古賀輝/齋藤太一(NTT東日本)に21-12、21-16で勝利!

園田「相手はレシーブ力もアタック力もあるペア。自分たちから沈めていけたのがよかったと思います。昨日に引き続き、内容は満足していません。レシーブもまだまだダメなところがあったので。この体育館はシャトルが飛ばないので、我慢するのがカギ。明日の決勝は自分たちのプレーをするだけ。気持ちでプレーしたいです。

(お客さんが多かったが)最初はびっくりしました。すごいプレーをしたら歓声がもらえるかなと思ってプレーしました。明日も声を出して、決めるたびに歓声をもらえたらと思います」

 嘉村「今日はサービスまわりで先手を取っていけた。その差だったと思います。ただ、2ゲーム目の終盤、スマッシュを打って上げて、レシーブ場面でやられる展開ばかりだったので、そこを改善したい。飛ばないコートなりの戦い方をしないと、(同じように飛ばない体育館の)ファイナルもあるので、反省してつなげたい。

(たくさんのお客さんを見て)バドミントンの人気がすごく上がってきていると感じます。自分たちが男子ダブルスのおもしろさを伝えていければ、もう少しピックアップしてもらえると思うので、明日はもっともっとおもしろさを出していければ。今日は決めるたびに歓声をもらえて、すごく楽しい試合でした。

(優勝を期待される難しさはあるか)ここ最近のコンディションがいいですし、自信もあるので、決勝まで上がったことに関してはとくに驚きもないです。ここまでしっかり充実した一日、一日になっていると思うので、明日は全力でやって、たくさんのファンの方の前で、いい試合ができるように頑張りたいです」

遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)

結果:岡村洋輝/小野寺雅之(日本ユニシス/早稲田大)に21-15、21-12で勝利!

遠藤「去年も対戦した相手でしたが、成長している感じがしました。自分たちの内容としては、レシーブが甘くなってやられる場面や、詰めてラケットが上がっていない場面があったので、修正していきたい。(2017年に獲得している)総合タイトルへの思いは、計り知れないくらい大きい。僕もそうでしたが、子供たちにはこの大会は憧れの場。そこでプレーできて幸せですし、明日決勝を戦えるのは本当に楽しみです。残り短い競技者生活ですが、泣きはしないですよ(笑)」

渡辺「1ゲーム序盤は相手の攻撃に押されてしまう場面もあり、我慢する中で向こうもミスが増えてきた印象だったので、まずは我慢、球を拾うことだという意識でプレーしました。明日はもちろん勝ちたいですけど、その気持ちを頭のど真ん中に置くのではなく、片隅に置いておいて、第一に自分のゲームをするというのを続けていきたいです。トーナメントで負けずに終わるのは素晴らしいもので、そこをめざして、もう一度勝てるようにと思います」

取材・構成/江國晴子、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2019/11/30

人気記事ランキング