【全日本総合2019】「持っているものを全部出そうという気持ちでした(奈良岡)」<準々決勝・選手コメント-3>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」が、11月26日に開幕した。今年も東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に、12月1日の決勝戦まで熱戦が展開される。大会4日目の29日は、各種目準々決勝を実施。ここでは、熱戦を繰り広げた選手たちのコメントを紹介する。

奈良岡功大(浪岡高3年)

結果:男子シングルス・西本拳太(トナミ運輸)に1-2で敗戦

 「西本選手との対戦は、中学1年のランキングサーキット以来。2ゲームとも一桁くらいで負けたんですけど、今回はファイナルゲームまで行くことができた。いい試合ができたのはよかったです。

1ゲーム目は、予想していた以上の球が来て対応できなかったんですが、2ゲーム目からは、それを取るように意識して。球のスピードも動くスピードも変化をつけて、相手のタイミングをずらせるように、ときどきフェイント入れていきました。(2回戦よりフェイントが多かったが)自分の全力を出して食らいついていきたい気持ちが強かったので、持っているものを全部出そうという気持ちでした。(2ゲーム目の最後は相手にリードされて逆転したが)最後は気持ち。相手の球を取れると言い聞かせてやていました。

初めて対戦したときよりいい試合ができましたし、1ゲーム取れたのでうれしい気持ちのほうが強いです。ベスト8は、すごくいい結果。次につなげて、西本選手と次に戦うときも自分が食らいついていきたいです。(高校卒業後の進路については)すみません、まだいえないです」

髙橋明日香(ヨネックス)

結果:女子シングルス・山口茜(再春館製薬所)に0-2で敗戦

「相手は格上で向かっていく気持ちでしたが、いままで決まっていた球も簡単に取られてしまい、ラリーになっても、自分が我慢できない部分が多かったです。2ゲーム目は自分から先に仕掛けていくラリーができたのですが、スピードを上げて、ミスも少なくなる相手に対して、自分は簡単にミスをしてしまった。リードしたときにもっと気を引き締めてやれていたら、1ゲームを取れていたかもしれない。そこが山口選手との差だったと思います。

この一年で我慢強くなった実感はありますが、このレベルの選手にはそれだけでは勝てないことをあらためて実感しました。もっと練習から自分に厳しく取り組んでいきたいです」

高野将斗/玉手勝輝(日立情報通信エンジニアリング)

結果:男子ダブルス・園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)に0−2で敗戦

高野「相手に先に先に押されてしまった。そこで落とすとか、空間を使って相手を動かせばよかったけど、一緒にドライブ戦に付き合ってしまって、先に攻めきられてしまいました。冷静にまわりを見てプレーできればよかったです。悔しいです。自分たちのプレーが出し切れたかといわれると、モヤモヤが残る感じです。上をめざしていましたが、納得いくプレーができなかったので、もっと練習して、もっと上をめざしたいです」

玉手「試合前に、相手の特徴やパターンはイメージして入ったつもりでしたけど、実際にやってみて、なかなか自分たちの形にもっていけなかった。相手の得意な形のまま試合が進んでしまって、ペースが握ることができませんでした。そこがよくなかったと思います。ベスト8をめざしていたわけじゃないので、悔しい気持ち。ここから先にいくには、全然実力が足りないと改めて実感したので、そこの差を次の試合に向けて二人で修正できるようにしたいと思います」

取材・構成/楊順行、吉井信行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2019/11/30
■関連キーワード

         

人気記事ランキング