【S/JリーグⅡ2019】5連勝の丸杉が優勝&S/Jリーグ昇格に大きく前進!<男子>

11月15日に鹿児島県指宿市(指宿総合体育館)で開幕した『JTB S/JリーグⅡ2019』は、16日に大会2日目が行なわれた。男女8チームによる2複1単の総当たりリーグ戦は、3日間の短期決戦。チーム力やオーダーなどの駆け引きが試される戦いだ。

今季は、毎年2月に開催されるS/Jリーグ最下位とS/JリーグⅡ優勝チームによる入替戦を実施しないため、S/JⅡを制したチームがそのままトップカテゴリーのS/Jリーグに自動昇格する。1勝の重みがより増した激しいバトル。ここでは、男子のダイジェストをお伝えしよう。

【男子ダイジェスト】

例年以上に混戦が予想された男子は、前季2位の丸杉が5連勝でリーグ戦の首位に立った。

丸杉は初日2試合を戦って旭工芸とAC長野パルセイロBCに連勝。優勝に向けて好スタートを切ると、3試合が行なわる2日目も総合力を発揮。エースの浦井唯行(上写真・左)/三浦昂が第1ダブルスで確実にポイントを奪って優位に立つと、続くシングルス、第2ダブルスのどちらかでしっかり勝利をつかんで白星を並べた。

一方、2位以下は4試合を終えた時点で、2勝2敗が6チームも並ぶ大混戦。5試合を終えて3勝2敗とした宇部興産、コンサドーレ、旭工芸の3チームが上位争いに生き残った。昨季はS/Jリーグでプレーしたトリッキーパンダースは、2勝3敗と苦しい戦いが続く。

首位の丸杉は、明日3日目の第1試合・宇部興産戦で勝利すればS/JリーグⅡ優勝が決定する。

丸杉・安村監督「今日は1ダブの浦井/三浦がしっかり3勝してくれたので、勢いがついたと思います。落としたくない場面を落とすこともあったけど、必ず誰かが次を拾ってくれたので、そこはよかったです。明日はプレッシャーがかかるかもしれないけど、しっかり実力を出せば勝てると思うので、今日のようにしっかり勝っていきたいです」

3勝2敗もマッチ率で2位につけるコンサドーレ。今季S/JリーグⅡに初挑戦ながら、エースの大越泉(左)/三浦將誓らを中心に白星を重ねた
ゲーム率で旭工芸を上回り3位につける宇部興産(写真は青見領/桐田和樹[右])
2日目は2勝1敗とした旭工芸は4位(写真は下川裕一/福嶋友朗[左])

■男子順位(2日目終了時点)

1位 丸杉(5勝0敗)

2位 コンサドーレ(3勝2敗)

3位 宇部興産(3勝2敗)

4位 旭工芸(3勝2敗)

5位 トリッキーパンダース(2勝3敗)

6位 セーレン(2勝3敗)

7位 AC長野パルセイロBC(2勝3敗)

8位 大同特殊鋼(0勝5敗)

勝敗が同じの場合は、マッチ率、ゲーム率の差による。

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/江見洋子


投稿日:2019/11/16
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング