【インドネシアM】古賀&齋藤が今季3度目の準優勝!志田&松山はベスト4!

10月1日から6日まで、BWFツアー・インドネシアマスターズ(Super100/マラン)が開催された。

日本からはA・B代表や自費参加の選手らが出場。男子ダブルスの古賀輝/齋藤太一は、準決勝で強豪のアングリアワン/ハルディアント(インドネシア)を2−0で下して決勝に進出。その決勝では、8月の秋田マスターズ(Super100)決勝で敗れている中国の張楠(ツァン・ナン)/欧烜屹(オウ・シュアンイ)と対戦し、ファイナル勝負の接戦にもつれた。優勝まであと一歩まで迫った日本ペアだったが、最終ゲームは20-22で敗れ、惜しくも準優勝。それでも、国際大会では今季3度目の決勝進出を果たすなど、確かな成長を示している。

そのほか上位に入ったのは、女子ダブルスでベスト4に入った志田千陽/松山奈未。男子ダブルスでは、星野翔平/西川裕次郎が2回戦で第1シードのアルディアント/アルフィアン(インドネシア)から金星を奪い、ベスト8に進出している。

日本選手の結果は以下の通り。

【男子ダブルス】

古賀 輝/齋藤太一…準優勝!

星野翔平/西川裕次郎…ベスト8

小野寺雅之/岡村洋輝…2回戦進出

竹内義憲/松居圭一郎…2回戦進出

山下恭平/緑川大輝…1回戦敗退

【女子ダブルス】

志田千陽/松山奈未…ベスト4!

篠谷菜留/齋藤夏…2回戦進出

【男子シングルス】

大林拓真…3回戦進出

坂井一将…2回戦敗退

古賀 穂…2回戦敗退

小本翔太…1回戦敗退

【女子シングルス】

齋藤 栞…2回戦進出

水井ひらり…1回戦敗退

髙橋明日香…1回戦敗退

【混合ダブルス】

浦井唯行/宮浦玲奈…1回戦敗退

山下恭平/篠谷菜留…1回戦敗退

緑川大輝/齋藤夏…1回戦敗退

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2019/10/07

人気記事ランキング