【世界選手権2019】「決勝は厳しい試合になる。強い気持ちを持って向かいたい(奥原)」<準決勝:選手コメント-3>

8月24日に開催された25回世界選手権(スイス・バーゼル)6日目は、各種目の準決勝が行なわれた。世界の頂点をめざす日本代表選手らが、決勝戦の切符をかけて激闘を演じている。ここでは、戦いを終えた選手たちの試合後のコメントを紹介しよう。

放送予定

バナーをクリックするとリンク先に移動します

WS:奥原希望

準決勝:ラチャノック・インタノン(タイ)に17−21、21−18、21−15の2−1で勝利

元々、この大会前にフットワークを重点的に課題として取り組んできました。足を止めないでスピードを上げていることをやってきて、出だしはよかったのですが、途中で相手がスピードを上げてきたときに対応できませんでした。

1ゲーム目を取られて苦しくなりましたが、2ゲーム目、ファイナルゲームでも、そこ(フットワーク)だけは怠らないように気をつけて、ディフェンスから攻撃の展開にもっていけてよかったです。

(決勝戦は、2年前と同じくシンドゥが相手)シンドゥ選手は、年に一度の大きな大会(五輪、世界選手権で16年からずっと)決勝に立ち続けて、本当にすごい。銀メダルが続いているので、金メダルへの思いは強いと思う。それに負けない覚悟を持ってコートに立たないといけません。決勝は厳しい試合になると思いますけど、強い気持ちを持って向かいたいです。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/BADMINTONPHOTO

2018年大会の記事はこちら

MS=男子シングルス、WS=女子シングルス、MD=男子ダブルス、WD=女子ダブルス、XD=混合ダブルス


投稿日:2019/08/25
■関連キーワード

               

人気記事ランキング