【全中2019】ふたば未来学園が接戦を制して4連覇を達成!<女子団体>

8月19日に開幕した第49回全国中学校大会(兵庫県・尼崎市記念公園ベイコム総合体育館)は、19日に男女団体戦の1回戦を実施。20日は2回戦から決勝戦までが行なわれた。

全4試合、すべて2-1という接戦を乗り越えて4連覇を果たしたふたば未来学園(写真は決勝で優勝を決めた伊藤〔右〕/山北)

女子団体は四つ角シードのうち3校が準決勝に駒を進めた。第1シードのふたば未来学園(福島)は、美川(石川)を2-1で破って決勝進出。一方の準決勝は昨年に続いて青森山田(青森)と四天王寺(大阪)がぶつかり、大熱戦の末に青森山田が2-1で雪辱。決勝は東北対決となった。

ダブルス2試合、シングルス1試合が同時に始まった決勝で先制したのはふたば未来だ。シングルスの2年生・石岡空来が中林瑞貴を2-0で下して優勝に王手をかける。ダブルスはともに青森山田が追い上げる形でファイナル勝負に持ち込んだが、手に汗握る展開に決着をつけたのはふたば未来。第1ダブルスを任された主将の伊藤歩と2年生の山北奈緒のペアが石川心菜/笹原愛夏を17本で振りきり、歓喜の瞬間を迎えた。

21日は、男女ダブルス・シングルスの2回戦から準々決勝が同会場で行なわれる(1回戦は20日に実施)。試合開始時間は9時の予定。

力強いプレーでふたば未来の優勝を支えた2年生の石岡
3勝をあげてチームをけん引した青森山田の小笠原(左)/遠藤

【優勝コメント】

齋藤亘監督

「今年の団体メンバーは3年生が一人の若いチーム。初めての全中の舞台に、浮き足立ったり緊張したりする選手もいましたが、しっかり乗り越えてくれた。一戦一戦、たくましくなっていった印象があります。競りながらも負けない部分は、私自身も驚いていますし、たいしたものですね。みんなが『今年は私がやる番だ』という気持ちになっていたのもよかったと思います」

伊藤歩キャプテン

「私にとっては最後の大舞台の団体戦だったので、悔いなく終わりたいと思っていました。もともと元気が取り柄のダブルスなんですけど、とくに今回はずっと笑顔でプレーしようって。優勝できたのは、その笑顔の力もあったと思います。でも私は2回負けちゃったので、後輩たちに感謝です。次、個人戦では負けずに二冠を取りたいです」

【20日の結果 ※2回戦以降】

▼2回戦
ふたば未来学園(福島) 2-1 西武台千葉(千葉)
柳井(山口) 2-1 園田学園(兵庫)
美川(石川) 2-1 二見(三重)
忠和(北海道) 2-0 聖ウルスラ学院英智(宮城)
青森山田(青森) 2-0 高岡(石川)
埼玉栄(埼玉) 2-1 唐津第一(佐賀)
亀崎(広島) 2-1 帯広第一(北海道)
四天王寺(大阪) 2-1 小山第二(栃木)

▼準々決勝
ふたば未来学園 2−1 柳井(山口)
美川 2−1 忠和
青森山田 2−0 埼玉栄
四天王寺 2−0 亀崎
▼準決勝
ふたば未来学園 2−1 美川
青森山田 2−1 四天王寺
▼決勝
ふたば未来学園 2−0 青森山田
MD1 伊藤 歩/山北奈緒②〔21−8、12−21、21−17〕0●石川心菜/笹原愛夏
MS 石岡空来②〔21−10、21−15〕0●中林瑞貴
MD2 堀 小雪/須藤海妃1〔21−17、17−21、19−14打ち切り〕1遠藤心夏/小笠原未結

全国中学校大会の詳報や写真、全記録を掲載する『バドミントン・マガジン10月号』は9月21日(土)より発売予定。熱戦の軌跡を誌面でも、ぜひご覧ください!

文/バドミントン・マガジン編集部
写真/江見洋子


投稿日:2019/08/21
■関連キーワード

               

人気記事ランキング