【USOP】志田&松山が韓国ペアを決勝で退けて優勝!<S300>

7月9日から14日までBWFワールド・ツアーのUSOP(フラトン/Super300)が開催された。カナダOP(Super100)の翌週開催となったこの大会で、日本は女子ダブルスの志田千陽/松山奈未が優勝を果たした。

カナダOPでベスト8だった志田/松山。USOP1回戦で渡邉あかね/尾﨑沙織に白星を飾ると、準々決勝で韓国ペア、準決勝で中国ペアに連勝。決勝戦はカナダOPで敗れていた鄭景銀(ジュン・キュンユン)/ベク・ハナ(韓国)と対戦すると、第1ゲームは志田/松山が21-16で先制。第2ゲームも前半からリードを保った志田/松山が、そのまま引き離して勝利をつかみ、昨年10月の台北OP(Super300)以来となる優勝を決めた。

久々の優勝を飾った志田千陽/松山奈未(右)

女子シングルスは峰歩美がベスト4入り。男子ダブルスでもカナダOPで優勝を果たしている小野寺雅之/岡村洋輝が、ベスト4の成績を残している。

日本選手の結果は以下の通り。

【女子ダブルス】

志田千陽/松山奈未…優勝!

荒木茜羽/今井莉子…2回戦進出

渡邉あかね/尾﨑沙織…1回戦敗退

【男子ダブルス】

小野寺雅之/岡村洋輝…ベスト4!

金子真大/久保田友之祐…ベスト8!

古賀輝/齋藤太一…2回戦進出

【女子シングルス】

峰歩美…ベスト4!

川上紗恵奈…2回戦進出

【男子シングルス】

坂井一将…2回戦進出

渡邉航貴…2回戦進出

五十嵐優…1回戦敗退

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2019/07/15
■関連キーワード

   

人気記事ランキング