【アジア選手権】混合ダブルス4ペアが2回戦ヘ進出!<初日>

4月23日にアジア選手権が中国・武漢で開幕。Super500と同じランキングポイントが獲得できる同大会の初日は、各種目の予選リーグ、混合ダブルス1回戦などが行なわれた。

日本は混合ダブルスに登場した4ペアがそろって勝利。金子祐樹/松友美佐紀はシードペアの鄧俊文(タン・チュンマン)/謝影雪(ツェ・インスエット/香港)を2−0で下したほか、第3シードの渡辺勇大/東野有紗、権藤公平/栗原文音もストレート勝利を飾り、2回戦へとコマを進めている。

日本選手の初日結果、2日目の対戦カードは以下の通り。

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗②〔21−19、22−20〕0●ニピポン/サビツリー(タイ)44分

権藤公平/栗原文音②〔21−15、21−18〕0●ディアス/ヘンダヘワ(スリランカ)36分

金子祐樹/松友美佐紀②〔21−19、21−17〕0●鄧俊文/謝影雪(香港)38分

保木卓朗/永原和可那②〔21−19、13−21、21−18〕1●張德正/吴詠瑢(台湾)52分

【男子シングルス】

▼1回戦(4月24日)

桃田賢斗 − 李東根(韓国)

西本拳太 − ジョナタン・クリスティ(インドネシア)

坂井一将 − サミール・バラマ(インド)

常山幹太 − 諶龍(中国)

【女子シングルス】

▼1回戦(4月24日)

奥原希望 − キム・ヒョミン(韓国)

山口茜 − カビディ・シリマンナゲ(スリランカ)

大堀彩 − THET HTAR Thuzar(ミャンマー)

髙橋沙也加 − プサルラ・V.シンドゥ(インド)

【男子ダブルス】

▼1回戦(4月24日)

園田啓悟/嘉村健士 − 鍾瀚霖/譚進希(香港)

遠藤大由/渡辺勇大 − ティン/キッティサク(タイ)

井上拓斗/金子祐樹 − 張楠/劉成(中国)

保木卓朗/小林優吾 − 張德正/楊銘諾(香港)

【女子ダブルス】

▼1回戦(4月24日)

髙橋礼華/松友美佐紀 − 董文静/馮雪穎(中国)

福島由紀/廣田彩花 − 1回戦の勝者

松本麻佑/永原和可那 − ボキエワ/ソディコワ(ウズベキスタン)

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2019/04/24
■関連キーワード

      

人気記事ランキング