【帰国会見】「ピンチのときでもリラックスしてプレーできた」(園田)<選手コメント-2>

4月15日(月)、マレーシアOP(クアラルンプール/Super750)&シンガポールOP(シンガポール/Super500)に参戦していた日本代表選手が帰国した。日本勢は男子シングルスの桃田賢斗が今季2つ目となるタイトルを手中にしたほか、男子ダブルスの園田啓悟/嘉村健士、女子ダブルスの松本麻佑/永原和可那が今季初優勝を果たしている。以下は、帰国後の囲み取材に応じた園田(写真左)/嘉村のコメント。

――今シーズン初優勝。大会を振り返って。

園田 マレーシアOP、シンガポールOPと2週続けて決勝に進んだのですが、シンガポールでは、準決勝でギデオン/スカムルヨ(インドネシア)からの価値ある勝利。すごく自信になりました。このあとアジア選手権があるので、それに向けてしっかり準備していきたいと思います。

――決勝戦もファイナルゲームの接戦。そこを取れた要因は。

嘉村 1ゲーム目、2ゲーム目と全然風の影響が違ったので、その経験は存分に生かせたかなと。

――マレーシアでは決勝まで行って勝てなかった。シンガポールの決勝ではどういったところがよかったのか。

園田 厳しい戦いだったんですけど、二人で、ピンチのときでもリラックスしてプレーしたら、いい球がいったので、そのあたりが勝因かなと思います。

嘉村 いつも決勝に行った大会の次の週で1回戦負けするというのが僕たちのパターンとしてあって、どちらかというとそれだけを克服しようというふうに臨んでいました。その結果、二人でしっかりいいプレーをすることができて、優勝できたので、それはすごく今後に生かせる部分だと思います。

――マレーシアOPの反省をふまえて、どういったところが修正できて、世界ナンバーワンのギデオン/スカムルヨと元世界王者のセティアワン/アッサン(インドネシア)に勝てたのか。

嘉村 マレーシアのときよりもシンガポールのときのほうが、二人で話す時間が多かった。コート外だけでなく、コートの中でも試合の中で展開を見ながら話すことができたので、それでいい結果が出たんじゃないかなと思います。

園田 マレーシアでは決勝で敗れてしまって、本当に悔しい気持ちがあったので、その悔しさをシンガポールに、二人でぶつけられました。

――中国の李俊慧(リ・ジュンフイ)/劉雨辰(リュウ・ユチェン)には昨年の世界選手権決勝でも負けている。今後あのペアに勝つために、どういったところが大事になってくる?

嘉村 二人はすごく大きくて、パワーもある。パワーでは太刀打ちできないと思うので、レシーブからの自分たちの攻撃というのをつなげることができれば好機は見えてくると思う。しっかりその形をできるように、もっともっとレシーブ力というのを上げていきたいです。

園田 やっぱりやられているときは、自分たちが上げたとき。でも、低い展開だったら自分たちのほうがポイントをとれると思うので、どれだけ低い展開でやれるかというのが鍵になるのかなと思います。

――今月末に控えたアジア選手権に向けて。

嘉村 シンガポールで優勝することはできたのですが、この結果に満足はしていません。もっともっと自分たちの低空戦というのを極められると思うので、ちょっとした部分を極めて、アジア選手権につなげていきたいなと思います。

園田 個人的には僕は後衛タイプなので、どれだけ我慢して打てるか、というところを追求していきたいと思います。

取材・構成・写真/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2019/04/15

人気記事ランキング

閉じる