【帰国会見】「この結果に満足せずに、もっと頑張っていきたい(東野)」<選手コメント−2>

3月12日(火)、ドイツOP(Super300/ミュルハイム・アン・デア・ルール)&全英OP(Super1000/イングランド・バーミンガム)に参戦していた日本代表選手らが帰国した。日本勢は男子シングルスの桃田賢斗が同種目で日本人初優勝を飾ったほか、女子ダブルスの松本麻佑/永原和可那、混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗がそれぞれ準優勝を果たしている。ここでは、帰国後の囲み取材に応じた渡辺/東野のコメントを紹介しよう。

――全英オープンを振り返って。

渡辺 パフォーマンス自体はかなりよかったです。ただ、それに加えて、プラスアルファの働きかけが必要なところで、そのプラスアルファが試合中に見つからなかったのが決勝の敗因だと思います。そこを反省して、また新しい挑戦をしていきたいと思います。

東野 (決勝の)第2ゲームの後半にリードされていたのに逆転されたところは、まだまだ自分たちに足りない部分がたくさんありました。そこを取りきれていたら、ファイナルゲームの展開は変わっていたんじゃないかと思います。そういう部分を、もっともっと突き詰めて練習していきたいです。

――決勝の舞台に2年連続で立てたことを、どのように感じているか。

渡辺 全英OPは3回目で、この3年は結果がついてきています。2年連続で決勝に上がれたことで、経験値がすごく上がったと思います。ただ、ここで終わりではないので、もっと上をめざしてやるべきですし、やれると思っているので、また2人で一つずつ問題を解決していきたいです。

東野 今大会は1回戦から本当に苦しい場面が多く、2ゲーム目を取れたのにファイナルゲームにもつれてしまう展開が本当に多かったです。でも、そういったところで自分たちが勝ちきれたことはよかったと思います。

――ディフェンディングチャンピオンとして、挑み方などに違いはあったか。

渡辺 現地でもその質問がすごく多かったのですが、僕らはいつもチャレンジャー。ランキングは上位ですけど、実力的には格上の相手が何ペアもいるので、まずは自分たちの力を出しきること。それを第一に戦いました。

東野 私も一緒で、去年と同様にチャレンジ精神を忘れずに戦いました。格上の選手がたくさんいるので、この結果に満足せずに、もっと頑張っていきたいです。

――コンスタントにベスト4に上がれるようになってきた要因は。

渡辺 まず第一に、あきらめないこと。最近は、苦しい場面でも自分たちのプレーを心がけてできるようになっています。それに加えて、コンビネーションも非常によくなっているので、省エネのラリー展開ができるようになりました。

――今日で東京五輪まで500日。あらためて、オリンピックへの意気込みを。

渡辺 5月からオリンピックレースが始まりますが、体調を崩さずにコンディションを維持してレースに臨むことがすごく重要になってきます。500日というのは、あまり気にしていません。レース自体、楽しみな部分がすごくあるので、落ち着いて、いつも通りにプレーできればと思います。

東野 私も500日というのは意識していないです。金メダルというのは一番に考えていますけど、そこまでの過程で、そこにたどり着けるような自分たちの実力をつけていきたい。1大会1大会、1試合1試合を楽しんでいきたいです。

 

 取材・構成・写真/バドミントン・マガジン編集部

 


投稿日:2019/03/12
■関連キーワード

            

人気記事ランキング