【インドネシアM】桃田賢斗がライバルを撃破!髙橋&松友も優勝に王手!<S500>

1月26日に開催されたBWFワールドツアー・インドネシアマスターズ(Super500/ジャカルタ)5日目は、各種目準決勝が行なわれた。

初日の結果はこちら/2日目の結果はこちら

3日目の結果はこちら /4日目の結果はこちら
インドネシアマスターズ2019

3種目で準決勝に勝ち進んだ日本勢は、女子ダブルスの髙橋礼華(写真左)/松友美佐紀が第1試合に登場した。相手は日本ペアの前に立ちはだかる好敵手のポリイ/ラハユ(インドネシア)。第1ゲームはインドネシアペアが先行し、18-11と点差を広げる。しかし、ここから髙橋/松友が連続得点などでスコアを縮め、22-20で逆転に成功。第2ゲームはシーソーゲームとなった展開をポリイ/ラハユが制して、勝負の行方はファイナルゲームへ。すると、髙橋/松友が8-7の場面から少しずつリードを広げ、15-10。さらに5連続ポイントで突き放した髙橋/松友が、21-12でインドネシアペアを下して決勝の切符をつかんだ。 インドネシアマスターズ2019

女子ダブルスの準決勝には日本からもう一組、松本麻佑(写真左)/永原和可那が挑んだ。二人の対戦相手は、2回戦で松本/永原の先輩ペアである米元小春/田中志穂を下した金昭英(キム・ソヨン)/孔熙容(コ・ヒーヨン/韓国)。第1ゲームは松本/永原が21-13で先制したものの、第2ゲームは20オールとなった勝負を落とし、最終ゲームへ。松本/永原は10−9と中盤まで競り合うも、ここから韓国ペアに引き離されて10-16。終盤に点差を詰めた日本ペアだったが、最後は相手に振り切られて16-21で敗戦。接戦をモノにできず、決勝進出はならなかった。

インドネシアマスターズ2019 男子シングルスは世界ランク1位の桃田賢斗(写真)と、同年代のライバル、ビクター・アクセルセン(デンマーク)が激突。試合は桃田が先行しながら進めて16-10。アクセルセンも5連続得点で16-15としたが、再び桃田が連続得点で突き放して21-15で先制した。第2ゲームは桃田が12連続ポイントなどで相手を制し、2−0で勝利。ライバルを下した桃田が決勝進出を決めた。

インドネシアマスターズ2019混合ダブルスで2大会連続Vをねらった渡辺勇大(写真右)/東野有紗は、世界ランク1位の鄭思維/黄雅瓊(中国)との勝負に挑む。第1ゲームを21-11で制した渡辺/東野だったが、第2ゲームを奪われると、ファイナルゲームも11-21で抑え込まれて敗戦。2大会連続優勝はならずも、ベスト4の好成績を残した。 インドネシアマスターズ2019

男子ダブルスはインドネシア勢が活躍。ベテランのセティアワン/アッサンが中国の韓呈愷(ハン・チェンカイ)/周昊東(ツォウ・ハオドン)を2−0で下し、後輩のギデオン/スカムルヨもデンマークのアストルップ/ラスムセンを19本、13本で退けて決勝進出を果たしている。女子シングルスはキャロリーナ・マリーン(スペイン)、サイナ・ネワール(写真/インド)が、中国の何冰嬌(ヘ・ビンジャオ)、陳雨菲(チェン・ユーフェイ)をそれぞれ下して決勝へと勝ち進んだ。

日本選手の結果、決勝戦の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

桃田賢斗②〔21−15、21−4〕0●ビクター・アクセルセン(デンマーク)30分

アンダース・アントンセン(デンマーク)②〔21−18、21−16〕0●ジョナタン・クリスティ(インドネシア)43分

インドネシアマスターズ2019
初の決勝進出を決めたアンダース・アントンセン。桃田とは昨年の世界選手権、ジャパンOP、韓国OPで対戦して3連敗中

▼決勝戦(1月27日)

桃田賢斗 − アンダース・アントンセン(デンマーク)

【女子シングルス】

キャロリーナ・マリーン(スペイン)②〔17−21、21−11、23−21〕1●陳雨菲(中国)66分

サイナ・ネワール(インド)②〔18−21、21−12、21−18〕1●何冰嬌(中国)58分

▼決勝戦(1月27日)

キャロリーナ・マリーン(スペイン) − サイナ・ネワール(インド)

【男子ダブルス】

セティアワン/アッサン(インドネシア)②〔21−11、21−17〕0●韓呈愷/周昊東(中国)28分

ギデオン/スカムルヨ(インドネシア)②〔21−19、21−13〕0●アストルップ/ラスムセン(デンマーク)34分

▼決勝戦(1月27日)

セティアワン/アッサン(インドネシア) − ギデオン/スカムルヨ(インドネシア)

【女子ダブルス】

髙橋礼華/松友美佐紀②〔22−20、20−22、21−12〕1●ポリイ/ラハユ(インドネシア)80分

金昭英/孔熙容(韓国)②〔13−21、22−20、21−16〕1●松本麻佑/永原和可那57分

▼決勝戦(1月27日)

髙橋礼華/松友美佐紀 − 金昭英/孔熙容(韓国)

【混合ダブルス】

鄭思維/黄雅瓊(中国)②〔11−21、21−14、21−11〕1●渡辺勇大/東野有紗41分

アーマド/ナトシール(インドネシア)②〔22−20、21−11〕0●チャンPS/ゴーLY(マレーシア)35分

▼決勝戦(1月27日)

鄭思維/黄雅瓊(中国) − アーマド/ナトシール(インドネシア)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/01/26

人気記事ランキング

閉じる