【WTF初日】各種目予選リーグ第1戦の結果&第2戦の対戦カード

12月12日に開幕したBWFワールドツアーファイナルズ(中国・広州)初日は、各種目・予選リーグが行なわれた。WTファイナルズは各種目8名・ペアが2つのグループに分かれ、予選リーグを実施。各グループ上位2名・ペアが決勝トーナメントに進出し、ワールドツアーの年間王者を争う。予選リーグ第1戦の結果、第2戦の対戦カードは以下の通り。

WTファイナルズ2018
今大会のコートマットの色は「赤」だが、選手からはコートマットの色に関する反応はとくにないという

【男子シングルス】

WTファイナルズ2018
WTランク1位の周天成は2−1で勝利し白星発進

▼グループA

石宇奇(中国)②〔16−21、21−19、21−8〕1●孫完虎(韓国)65分

周天成(台湾)②〔17−21、21−18、21−18〕1●アンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア)76分

◆第2戦

石宇奇(1勝) − アンソニー・シニスカ・ギンティン(1敗)

周天成(1勝) − 孫完虎(1敗)

▼グループB

桃田賢斗②〔21−18、21−6〕0●サミール・バラマ(インド)35分

トミー・スギアルト(インドネシア)②〔21−18、18−21、21−11〕1●カンタフォン・ワンチョレン(タイ)89分

◆第2戦

トミー・スギアルト(1勝) − サミール・バラマ(1敗)

桃田賢斗(1勝) − カンタフォン・ワンチョレン(1敗)

【女子シングルス】

WTファイナルズ2018
優勝候補の戴資穎は2−0で快勝

▼グループA

プサルラ・V.シンドゥ(インド)②〔24−22、21−15〕0●山口茜52分

戴資穎(台湾)②〔21−15、21−17〕0●ベイウェン・ツァン(アメリカ)30分

◆第2戦

山口茜(1敗) − ベイウェン・ツァン(1敗)

戴資穎(1勝)− プサルラ・V.シンドゥ(1勝)

▼グループB

ラチャノック・インタノン(タイ)②〔21−18、20−22、21−17〕1●陳雨菲(中国)78分

奥原希望②〔21−18、23−21〕0●ミシェル・リー(カナダ)51分

◆第2戦

奥原希望(1勝) − ラチャノック・インタノン(1勝)

陳雨菲(1敗) − ミシェル・リー(1敗)

【男子ダブルス】

▼グループA

ギデオン/スカムルヨ(インドネシア)②〔20−22、21−17、21−13〕1●アストルップ/ラスムセン(デンマーク)64分

李俊慧/劉雨辰(中国)②〔21−17、26−28、21−13〕1●韓呈愷/周昊東(中国)71分

◆第2戦

ギデオン/スカムルヨ(1勝)− 李俊慧/劉雨辰(1勝)

韓呈愷/周昊東(1敗) − アストルップ/ラスムセン(1敗)

▼グループB

遠藤大由/渡辺勇大②〔21−4、21−18〕0●セティアワン/アッサン(インドネシア)32分

陳宏麟/王齊麟(台湾)②〔21−17、21−16〕0●廖敏竣/蘇敬恒(台湾)39分

◆第2戦

遠藤/渡辺(1勝) − 陳宏麟/王齊麟(1勝)

廖敏竣/蘇敬恒(1敗) − セティアワン/アッサン(1敗)

【女子ダブルス】

▼グループA

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−11、21−16〕0●ポリイ/ラハユ(インドネシア)52分

李茵暉/杜玥(中国)②〔21−19、21−15〕0●陳清晨/賈一凡(中国)48分

◆第2戦

髙橋/松友(1勝) − 李茵暉/杜玥(1勝)

陳清晨/賈一凡(1敗) − ポリイ/ラハユ(1敗)

▼グループB

松本麻佑/永原和可那②〔21−10、21−16〕0●G・ストエワ/S・ストエワ(ブルガリア)36分

李紹希/申昇瓚(韓国)②〔21−14、21−8〕0●ジョンコパン/ラウィンダ(タイ)37分

◆第2戦

松本/永原(1勝) − 李紹希/申昇瓚(1勝)

ジョンコパン/ラウィンダ(1敗) − G・ストエワ/S・ストエワ(1敗)

【混合ダブルス】

▼グループA

鄭思維/黄雅瓊(中国)②〔21−16、21−17〕0●エリス/スミス(イングランド)39分

デチャポル/サプシリー(タイ)②〔21−19、21−10〕0●ゴーSH/ライSJ(マレーシア)45分

◆第2戦

鄭思維/黄雅瓊(1勝) − ゴーSH/ライSJ(1敗)

デチャポル/サプシリー(1勝) − エリス/スミス(1敗)

▼グループB

王懿律/黄東萍(中国)②〔22−20、21−13〕0●チャンPS/ゴーLY(マレーシア)45分

ファイザル/ウィジャジャ(インドネシア)②〔21−18、16−21、21−18〕1●渡辺勇大/東野有紗69分

◆第2戦

渡辺/東野(1敗) − 王懿律/黄東萍(1勝)

ファイザル/ウィジャジャ(1勝) − チャンPS/ゴーLY(1敗)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/12/13

人気記事ランキング

閉じる