【S/JリーグⅡ】男子は東海興業が7戦全勝でリーグ制覇!<男子最終日>

11月18日に開催されたS/JリーグⅡ(茨城・石岡運動公園体育館)最終日は、男女リーグ戦の残り2試合が行なわれ、最終順位が決定した。 ここでは、男子リーグのダイジェストをお伝えしよう。

【男子ダイジェスト】

最終日を迎え、残り2試合となった男子のリーグ戦は、5戦全勝の東海興業を3勝2敗の丸杉、大同特殊鋼が追う展開。東海興業は第6戦のセーレン戦に勝てば優勝となる大一番で、主軸がしっかり結果を残した。

S/Jリーグ2018

前日の丸杉戦・第1ダブルスを勝利し、チームに勢いをもたらした東海興業の森田浩平/間瀬亮介(写真左)。セーレンの第1ダブルス・石塚比呂/日光凌との勝負では、しっかり2−0で制して優勝に王手をかける。すると、シングルスに登場した主将の松本アキラも、第1ゲームを11本で制すると、第2ゲームも苦しみながらも18本に抑えて2−0で勝利。チームの優勝が決まった瞬間、松本の所まで一斉に飛び出した東海興業メンバーは、コートの上で歓喜の輪を作り喜びを分かち合った。東海興業は最終戦・トヨタ自動車九州との試合も制し、7戦全勝でS/JリーグⅡの頂点に立っている。

V候補の一角ながら5勝2敗とした丸杉が準優勝。3位は昨年の日本リーグで最下位だった大同特殊鋼。4勝3敗で勝ち越しを果たし、順位を一気に引き上げてリーグ戦を終えている。

S/Jリーグ2018
シングルスで5勝を挙げてチームをけん引した東海興業の松本アキラ

◆男子リーグ勝敗

優勝:東海興業 7勝0敗

2位:丸杉 5勝2敗

3位:大同特殊鋼 4勝3敗

4位:宇部興産 3勝4敗

5位:AC長野パルセイロBC 3勝4敗

6位:旭工芸 3勝4敗

7位:セーレン 2勝5敗

8位:トヨタ自動車九州 1勝6敗

※4〜6位はマッチ率、5、6位はゲーム率による

優勝を決めた東海興業
優勝を決めた東海興業

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/11/18
■関連キーワード

         

人気記事ランキング

閉じる