【アジア大会】男子団体は日本、韓国、インドが準々決勝に進出!<海外ダイジェスト>

4年に一度開催される「アジア大会」のバドミントン競技が、8月19日に開幕した。大会初日は男女団体戦の1回戦が行なわれ、日本男子はマレーシアと激突。リー・チョンウェイが不在とはいえ、日本はかつての強豪を3−0で一蹴。準々決勝に進出した。そのほか、アジアの強豪・韓国がタイに3−1で勝利したほか、インドも初戦を突破している。女子は開催国のインドネシアが香港を3−0で下したほか、台湾も3−0で勝利をつかみ準々決勝に勝ち進んだ。

19日の結果は以下の通り。

【男子】

▼1回戦

ネパール 3−1 パキスタン

日 本 3−0 マレーシア

香 港 不戦勝 モンゴル

韓 国 3−1 タイ

モルディブ 3−0 インド

▼準々決勝

中国 − 香港

台湾 − ネパール

韓国 − 日本

インド − インドネシア

アジア大会
日本は第1シングルスの桃田賢斗の勝利で流れをつくり3−0で快勝!

【女子】

▼1回戦

台 湾 3−0 パキスタン

モルディブ 3−2 ネパール

インドネシア 3−0 香港

▼準々決勝

日本 − インド

韓国 − インドネシア

台湾 − タイ

モルディブ − 中国

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/08/20
■関連キーワード

   

人気記事ランキング