【静岡IH2018】水井がストレート勝ちで4強入り! 1年生の郡司も最終日へ!<女子シングルス>

『静岡インターハイ』(8月5日~9日/静岡県・浜松アリーナ、浜北総合体育館)の競技4日目、8日(水)は、浜松アリーナで男女シングルス、浜北総合体育館で男子シングルスの1回戦~準々決勝が行なわれ、それぞれベスト4が出そろった。ここでは、女子シングルスのダイジェストをお伝えしよう。

団体戦との2冠をめざす水井ひらり(ふたば未来学園)が準決勝進出を決めた
団体戦との2冠をめざす水井ひらり(ふたば未来学園)が準決勝進出を決めた

【ダイジェスト】

女子シングルスで、最初にベスト4入りを決めたのは、選抜王者の水井ひらり(ふたば未来学園)だった。水井は、「サブコートでの3回戦は風に慣れずミスばかり。でも、4回戦からは最初から集中して、いつも通りのプレーができた」と徐々に調子を上げていった。4回戦までをストレートで勝ち進んだ水井は、準々決勝で全日本ジュニア準優勝の明地七海(京都外大西)と対戦したが、ここでも明地を寄せつけず。順当に準決勝へとコマを進めた。

また、右下のヤマでは青森山田の1年生・髙橋美優が、4回戦で選抜準優勝の小方里羽(諫早商)を2-0で撃破。そして、準々決勝で郡司莉子(八代白百合学園)との1年生対決を迎えた。昨年の全国中学校大会では準決勝で対戦している2人。そこでは髙橋が勝利を収めていたが、今回は郡司に軍配が上がった。郡司は「髙橋さんの左利きの独特な球についていけた。なんとか触ってつないで、チャンスを待てた」と第1ゲームを18本。そして第2ゲームは12本と突き放して、1年生唯一のベスト4入りを果たした。

鍛えてきたフィジカルの強さを武器に5試合を戦い抜き、ベスト4入りを果たした郡司莉子(八代白百合学園)
ノーシードから5試合を戦い抜き、4強入りを果たした郡司莉子(八代白百合学園)

そのほかでは、埼玉栄の齋藤夏が昨日のダブルスに続いてシングルスでもベスト4入り。齋藤は個人戦の2日間で8試合を戦う厳しいスケジュールながら、「自分なりのプレーで攻められて、相手についてこさせなかった」(齋藤)と準々決勝で輿石江里香(作新学院)を下した。また、選抜3位の佐川智香(作新学院)も、第3シードから勝ち上がって準決勝へ。「今日はねばって相手のミスを誘えた。準決勝の相手は年下の1年生(郡司)ですが、焦らないように頑張りたい」(佐川)と、明日への意気込みを語った。

大会最終日となる9日(木)は、男女のシングルスとダブルスで決勝戦までが行なわれる。

ダブルスに続く4強入りを決めた齋藤夏(埼玉栄)
ダブルスに続く4強入りを決めた齋藤夏(埼玉栄)
準決勝に駒を進めた佐川智香(作新学院)。自己最高の全国大会3位という壁の突破をめざす
準決勝に駒を進めた佐川智香(作新学院)。最終日、まずは自己最高の全国大会3位という壁の突破をめざす

◆個人女子シングルス準決勝のカード(9日)
水井ひらり(ふたば未来学園) — 齋藤夏(埼玉栄)
佐川智香(作新学院) — 郡司莉子(八代白百合学園)

★個人女子シングルス準々決勝までの結果はこちら

取材・文/吉井信行
写真/黒崎雅久


投稿日:2018/08/08
■関連キーワード

         

人気記事ランキング