【世界選手権2018】男子シングルスは林丹、諶龍、石宇奇が初戦を快勝!<海外ダイジェスト>

7月30日に開幕した第24回世界選手権(中国・南京)は初日は、各種目1回戦の途中まで行なわれた。

世界選手権2018
過去に5度の世界一に輝いた林丹(中国)が初戦を突破

男子シングルスは開催国・中国から林丹(リン・ダン/写真上)、石宇奇(シー・ユーチー)、諶龍(チェン・ロン/写真下)らが登場。それぞれ危なげない試合運びで勝利を飾り2回戦に進出した。また、昨年の世界選手権優勝のビクター・アクセルセン(デンマーク)もメキシコ選手と対戦し、2−0のストレートで快勝。そのほか、周天成(台湾)、プラノイ・H.S.(インド)といったシード選手も順当に白星をつかみ初戦を突破している。

世界選手権2018
14、15年優勝の諶龍(中国)も幸先よくスタートをきった

世界バドミントン2018 CSテレ朝チャンネル2にて放送!詳しくはコチラ

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/07/31
■関連キーワード

            

人気記事ランキング