【Super100】第1シードの髙橋沙也加が白星スタート!<秋田マスターズ>

7月25日にBWFツアー・ヨネックス秋田マスターズ(秋田市・Super100)2日目が開催され、各種目1回戦、男子シングルス2回戦が行なわれた。

【男子シングルス】

前日の1回戦を制した日本代表の武下利一、古賀穂が2回戦も勝利。シード選手で2回戦からの登場となった五十嵐優も、松川直弘との勝負を22-20、21-18の接戦で制して3回戦へ進出した。また、上田拓馬、下農走らも白星をつかみ3回戦へ。高校生の奈良岡功大は、タイのシード選手に敗れて上位進出はならず。元世界ランク2位のヤン・O・ヨルゲンセン(デンマーク)は勝利を飾っている。

【女子シングルス】

女子シングルスの第1シードは、前週のシンガポールOP(Super500)を制した髙橋沙也加。その髙橋沙は、韓国選手を2−0のストレートで下し2回戦に進出した。シード選手の三谷美菜津、鈴木温子、川上紗恵奈、齋藤栞らも白星スタートをきったほか、仲井由希乃が第3シードの台湾選手をストレートで下し2回戦にコマを進めている。

【男子ダブルス】

日本B代表の齋藤太一/古賀輝が21-5、21-19で勝利をつかみ2回戦へ。同じくB代表の小野寺雅之/岡村洋輝も、台湾ペアを23-21、21-19の接戦で下して初戦を突破した。元日本代表の橋本博且/佐伯祐行は、柳延星(ユー・ヨンソン)/タン・ブンヒョン(韓国/マレーシア)の強豪ペアをファイナルゲーム24-22で退けて初戦を突破した。このほか、大学生の玉手勝輝/山下恭平も1回戦を勝利で飾っている。

【女子ダブルス】

1回戦に9組が出場した女子ダブルス(藤井瑞希/垣岩令佳はキケン。シード選手は2回戦から登場)。日本B代表の志田千陽/松山奈未は、インドネシアペアに21-18、22-20の辛勝で初戦を突破。このほか、本田恵利奈/清水望が中国ペアに勝利を飾り、久後あすみ/横山めぐみらも白星をつかんで2回戦に進出した。

【混合ダブルス】

日本B代表の権藤公平/栗原文音が、第2シードの韓国ペアを下して2回戦に進出。同じくB代表の三橋健也/篠谷菜留も2−0で勝利を飾ったほか、玉手勝輝/財津穂、岡村洋輝/髙畑祐紀子も1回戦を突破している。

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/07/25
■関連キーワード

      

人気記事ランキング

閉じる