【ユーバー杯】日本は1位通過!準々決勝は台湾と激突!<予選L>

5月23日にタイ・バンコクで開催された「トマス杯・ユーバー杯2018」4日目は、男女予選リーグが行なわれた。ここでは、ユーバー杯のダイジェストを紹介しよう。

【ユーバー杯】

グループAの日本はインドを5−0で下し順当に1位通過。初戦でインドを下したカナダが、2位で決勝トーナメント進出を決めている。

グループBは地元タイと台湾が激突。ラチャノック・インタノンと戴資穎(タイ・ツーイン)のトップシングルス対決は戴資穎に軍配があがったが、その後はタイが白星を奪って3−2で勝利。タイが1位、台湾が2位で準々決勝に進んだ。

グループDは中国とインドネシアが対戦すると、中国は第1シングルスの陳雨菲(チェン・ユーフェイ)、第1ダブルスの陳清晨(チェン・チンチェン)/賈一凡(ジャ・イーファン)がそれぞれ2−0で勝利。第2シングルスはインドネシアのトゥンジュンが中国の若手・高昉潔(ガオ・ファンジェ)から勝利を奪ったが、第2ダブルスは中国ペアが快勝し、中国チームが勝利。しかし、第3シングルスに起用された李雪芮(リ・シュェルイ)は、ファイナルゲームの末に敗れている。

ト杯ユ杯4日目
陳清晨(右)/賈一凡は貫禄の勝利

決勝トーナメント・準々決勝の対戦カード、予選の結果は以下の通り。

▼決勝トーナメント

日本(A1位) − 台湾(B2位)

韓国(C1位) − カナダ(A2位)

インドネシア(D2位) − タイ(B1位)

中国(D1位) − デンマーク(C2位)

◆グループA

日本(3勝)5−0 インド(1勝2敗)

カナダ(2勝1敗)4−1 オーストラリア(3敗)

最終順位/1位:日本 2位:カナダ 3位:インド 4位:オーストラリア

◆グループB

タイ(3勝)3−2 台湾(2勝1敗)

香港(1勝2敗)4−1 ドイツ(3敗)

最終順位/1位:タイ 2位:台湾 3位:香港 4位:ドイツ

◆グループD

中国(3勝)3−2 インドネシア(2勝1敗)

マレーシア(1勝2敗)5−0 フランス(3敗)

最終順位/1位:中国 2位:インドネシア 3位:マレーシア 4位:フランス

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/05/24
■関連キーワード

         

人気記事ランキング

閉じる