【トマス杯】日本、デンマーク、インドネシアが首位通過<予選L>

5月23日にタイ・バンコクで開催された「トマス杯・ユーバー杯2018」4日目は、男女予選リーグが行なわれた。ここでは、トマス杯のダイジェストを紹介しよう。

【トマス杯】

すべてのリーグ戦の順位が決定する大会4日目。グループCの日本は、同組最大のライバルとされた台湾と対戦。第1シングルスの桃田賢斗、第1ダブルスの園田啓悟/嘉村健士がしっかり白星をつかむと、第2シングルスの西本拳太が2−0のストレート勝利を飾り、日本チームが1位通過を決めた。

韓国とインドネシアの通過が決まっているグループDは、両チームが対戦。ギデオン/スカムルジョ、セティアワン/アッサンのダブルス2本が勝利し、最後の第3シングルスはインドネシアの若手選手が1時間を超す接戦を制し、インドネシアが首位確保。韓国が2位で決勝トーナメント進出となった。

グループDはデンマークとマレーシアが激突し、5時間超えの勝負をデンマークが3−2で制して3連勝を飾っている。

ト杯ユ杯4日目
ビクター・アクセルセン(デンマーク)との勝負を制したリー・チョンウェイ(マレーシア)

決勝トーナメント・準々決勝の対戦カードは以下の通り。

▼トマス杯・準々決勝

中国(A1位) − 台湾(C2位)

インドネシア(B1位) − マレーシア(D2位)

フランス(A2位) − 日本(C1位)

韓国(B2位) − デンマーク(D1位)

▼ 予選リーグ結果

◆グループB

タイ(1勝2敗)5−0 カナダ(3敗)

インドネシア(3勝)3−2 韓国(2勝1敗)

最終順位/1位:インドネシア 2位:韓国 3位:タイ 4位:カナダ

◆グループC

日本(3勝)5−0台湾(2勝1敗)

香港(1勝2敗)3−2ドイツ(3敗)

最終順位/1位:日本 2位:台湾 3位:香港 4位:ドイツ

◆グループD

ロシア(1勝2敗)5−0アルジェリア(3敗)

デンマーク(3勝)3−2マレーシア(2勝1敗)

最終順位/1位:デンマーク 2位:マレーシア 3位:ロシア 4位:アルジェリア

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/05/24
■関連キーワード

         

人気記事ランキング