【ト杯ユ杯】中国女子が快勝!日本女子は決勝トーナメント進出が決定!<予選L>

5月21日にタイ・バンコクで開催された「トマス杯・ユーバー杯2018」2日目は、男女予選リーグが行なわれた。ここでは、ト杯ユ杯のダイジェストを紹介しよう。

ト杯ユ杯2日目

【トマス杯】

2日目を迎えたトマス杯は、第1シードの中国が登場。グループA・第2戦フランスとの勝負を5−0で制して2連勝を飾った。また同組で初戦のフランスに敗れているインドは、オーストラリアを5−0で下し1勝1敗。フランスと勝敗で並んだ。

グループBは、初日に地元タイから勝利を奪った韓国が、カナダを4−1で退けて連勝。初日に試合がなかったグループDは、マレーシアとデンマークがそれぞれ白星発進を決めている。

なお、日本がいるグループCは試合が行なわれず。日本は22日にドイツと対戦する。

ト杯ユ杯2日目
マレーシアの第1ダブルスで出場したゴーVS/タンWK(右)

◆グループA

中国(2勝)5−0 フランス(1勝1敗)

インド(1勝1敗)5−0 オーストラリア(2敗)

◆グループB

韓国(2勝)4−1 カナダ(2敗)

◆グループD

マレーシア(1勝)5−0 ロシア(1敗)

デンマーク(1勝)5−0 アルジェリア(1敗)

【ユーバー杯】

優勝候補の日本(グループA)がカナダを下して2連勝。同組のインドはオーストラリアを退けて今大会初勝利で1勝1敗とし、勝敗でカナダと並んでいる。なお、日本は取得マッチ数により、リーグの2位以上が確定。決勝トーナメント進出を決めている。

グループBに入った地元タイは、香港との勝負を制して連勝。同組のライバル・台湾の試合がなかったため、2勝をあげたタイが暫定首位に立った。また、グループCは韓国とデンマークがそれぞれ2勝目をつかんだことにより、決勝トーナメント進出を決めている。

グループDは、中国がフランスに5−0で快勝。第3シングルスにはロンドン五輪女子シングルス金メダリストで、左ヒザのケガで1年半以上の長期離脱をしていた李雪芮(リー・シュェルイ)が出場。2−0のストレートで相手を退けて、白星をつかんでいる。

ト杯ユ杯2日目
第3シングルスで登場した中国の李雪芮

◆グループA

日本(2勝)5−0 カナダ(1勝1敗)

インド(1勝1敗)4−1 オーストラリア(2敗)

◆グループB

タイ(2勝)5−0 香港(2敗)

◆グループC

デンマーク(2勝)5−0 モーリシャス(2敗)

韓国(2勝)5−0 ロシア(2敗)

◆グループD

中国(1勝)5−0 フランス(1敗)

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

 

 


投稿日:2018/05/22
■関連キーワード

         

人気記事ランキング

閉じる