【大会結果】日本が連日の惜敗<日韓大会・女子>

5月4日・5日の2日間にわたり、富山県高岡市において第35回日韓大会が開催された。男女とも2複3単の団体戦で勝敗が争われ、女子は4日の第1戦に続き、第2戦でも敗れている。

ケガで直前のアジア選手権を欠場した山口だったが、復調をアピール
ケガで直前のアジア選手権を欠場した山口だったが、2試合に出場して復調をアピール

第1戦で韓国のエース・成池鉉から勝利を奪っていた山口茜だったが、第2戦は世界ランク116位の相手にファイナルの末に敗戦。続く福島由紀/廣田彩花も、それぞれ実績のあるペアの前にストレートで敗れた。その後、第2シングルスの奥原希望、第2ダブルスの松本麻佑/永原和可那が勝利をあげて、勝負の行方は第3シングルスへ。地元・トナミ運輸の大堀彩は、第1ゲームを先取したものの逆転負けを喫し、チームも前日に続き2-3で敗れた。

第1・2戦の結果は以下の通り。

◇第2戦(5月5日)

日本 2-3 韓国

WS1 山口茜1●〔21-17、16-21、19-21〕②イ・セヨン

WD1 福島由紀/廣田彩花0●〔15-21、14-21〕②申昇瓚/金昭英

WS2 奥原希望②〔21-5、18-21、21-17〕1●金效旻

WD2 松本麻佑/永原和可那②〔15-21、21-8、21-15〕1●張藝娜/鄭景銀

WS3 大堀彩1●〔21-17、16-21、14-21〕②アン・セヨン

前日に敗れていた奥原だったが、この日はきっちりと結果を残した
前日に敗れていた奥原だったが、この日はきっちりと結果を残した
第2戦に出場した福島(右)/廣田。この日も自身の移籍については言及しなかった
第2戦に出場した福島(右)/廣田。自身の移籍についてはこの日も言及しなかった

◇第1戦(5月4日)

日本 2-3 韓国

WS1 山口茜②〔21-15、23-21〕0●成池鉉

WD1 髙橋礼華/松友美佐紀②〔21-18、22-20〕0●張藝娜/鄭景銀

WS2 奥原希望0●〔19-21、19-21〕②李張美

WD2 松本麻佑/永原和可那1●〔17-21、21-17、19-21〕②申昇瓚/金昭英

WS3 佐藤冴香1●〔6-21、21-17、13-21〕②アン・セヨン

第1戦でストレート勝ちを飾った髙橋(奥)/松友
第1戦でストレート勝ちを飾った髙橋(奥)/松友

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/井出秀人


投稿日:2018/05/06
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング