【全国小学生】岩戸和音がV2! 女子複は藤井&吉岡が混戦制す<女子個人6年生以下>

12月22日に開幕した第26回全国小学生選手権は26日、広島県立総合体育館で個人戦が実施された。4・5・6年生以下男女シングルス・ダブルスの準々決勝から決勝が行なわれ、各種目で今年のチャンピオンが誕生した。

ここでは、6年生以下の女子シングルス・ダブルスの優勝者コメントと上位結果を紹介しよう。

◆6年生以下・女子シングルス_DSC0353

【Vコメント】

岩戸和音

(北北海道・愛宕東バドミントン少年団)

「(決勝は)しっかり集中して、ミスを少なくすることができたと思います。ABC大会では自分の実力が出せずに3位だったので、そのあと不安になったときもあったけど、勝っても負けても内容を大事にしようと思って、この大会では自信を持ってプレーできました」

 

【最終成績】

_DSC0741

☆優勝≫岩戸和音(北北海道・愛宕東バドミントン少年団)
★準優勝≫山北奈緒(埼玉県・鶴ヶ島Angels)
★3位≫山家くるみ(南北海道・北海道ハイテクACA)
★3位≫須藤海妃(福岡県・岡垣ジュニア)
★ベスト8≫今泉明日香(佐賀県・牛津JBC)
★ベスト8≫田口真彩(宮崎県・くれよんクラブ)
★ベスト8≫遠藤美羽(栃木県・足利ラフ・ダイヤモンド)
★ベスト8≫黒川璃子(埼玉県・春日部白翔)

【結果】

▼準々決勝
岩戸和音 2-0 今泉明日香
山家くるみ 2-1 遠藤美羽
須藤海妃 2-1 黒川璃子
山北奈緒 2-1 田口真彩
▼準決勝
岩戸和音 2-0 山家くるみ
山北奈緒 2-1 須藤海妃
▼決勝
岩戸和音②〔21-19、21-15〕0●山北奈緒

◆6年生以下・女子ダブルス

_DSC0211

【Vコメント】

藤井史穂&吉岡葉菜

(大阪府・D☆ARMY)

藤井(写真左)「3年生から出てるんですけど、最初は1回戦負けで、4年のときが3位、5年が2位で、今年初めて優勝できたのでうれしい。準決勝に逆転で勝って、その勢いのまま決勝もいけた感じです」

吉岡(写真右)「1年のときからずっと組んできて、去年2位が取れたので次は絶対優勝って思ってました。これからも、負けてる試合でもダメダメモードにならないで、最後まであきらめないようにしたい」

【最終成績】

_DSC0768

☆優勝≫藤井史穂/吉岡葉菜(大阪府・D☆ARMY)
★準優勝≫宮城青空/日野原颯(埼玉県・三郷ダックスジュニアバドミントンクラブ)
★3位≫櫻井優香/湯本凜音(埼玉県・志木ジュニアバドミントンクラブ)
★3位≫橋村羽奏/竹内遥香(東京都・小平ジュニアバドミントンクラブ)
★ベスト8≫唐欣宇/古舘菜々美(愛知県・師勝ジュニアバドミントンクラブ)
★ベスト8≫竹本千穂/堀 小雪(岡山県・ミッキーズ)
★ベスト8≫楠森美羽/川野楓華(福岡県・若竹クラブ)
★ベスト8≫安部遥香/金山璃子(福井県・おおいジュニア)

【結果】

▼準々決勝
宮城青空/日野原颯 2-0 竹本千穂/堀 小雪
橋村羽奏/竹内遥香 2-1 安部遥香/金山璃子
櫻井優香/湯本凜音 2-1 楠森美羽/川野楓華
藤井史穂/吉岡葉菜 2-0 唐欣宇/古舘菜々美
▼準決勝
宮城青空/日野原颯 2-1 橋村羽奏/竹内遥香
藤井史穂/吉岡葉菜 2-1 櫻井優香/湯本凜音
▼決勝
藤井史穂/吉岡葉菜②〔21-17、21-14〕0●宮城青空/日野原颯

 

取材・文/山口奈緒美、バドミントン・マガジン編集部
写真/男子:江見洋子、女子:佐々木萌
投稿日:2017/12/27
■関連キーワード

      

人気記事ランキング