【全国小学生】実力者たちが順当にベスト8進出!<男女個人4年生以下>

12月22日に開幕した第26回全国小学生選手権は25日、広島県立総合体育館で個人戦が実施された。この日は4・5・6年生以下の男女シングルス・ダブルスの2・3回戦が行なわれ、それぞれベスト8が出揃っている。

ここでは、4年生以下の男女シングルス・ダブルスの上位進出者を紹介しよう。

◆4年生以下・男子シングルス(ベスト8以上)

第2シードを破って8強入りした長束翔太(愛知)
ABC大会2位の強敵を破って8強入りした長束翔太(愛知)

澤田修志(北北海道・帯広ジュニアバドミントンクラブ)
田上幹太(熊本県・TTBC)
木根知哉(京都府・長岡京市スポ少)
石井叶夢(埼玉県・春日部白翔)
高野日向(熊本県・出水南ジュニア)
川野寿真(福岡県・岡垣ジュニア)
遠藤淳生(広島県・美鈴が丘JBC)
長束翔太(愛知県・大里東スポーツ少年団)

◆4年生以下・女子シングルス(ベスト8以上)

第2シードの山口栞菜(石川)
第2シードの山口栞菜(石川)

山本優愛(愛知県・みかクラブ)
山田桧菜乃(福岡県・COLORS)
伊藤康乃(埼玉県・鶴ヶ島Angels)
文元日菜(大阪府・田原スマッシュBC)
東谷悠妃(北北海道・忠和クラブ)
突沖花歩(広島県・美鈴が丘JBC)
柳生紗羽海(奈良県・鴻ノ池中央バドミントンスポーツ少年団)
山口栞菜(石川県・大徳ジュニアバドミントンクラブ)

◆4年生以下・男子ダブルス(ベスト8以上)

第1シードの祗園田隼人(左)/中原秀駿(熊本)
第1シードの祗園田(左)/中原(熊本)

祗園田隼人/中原秀駿(熊本県・北部ジュニア)
渡邉悠生/末村豪羽(北北海道・滝川フルールジュニア)
田中唯月/増田大輝(広島県・広島安佐ジュニア)
岡部 翔/根本舜生(神奈川県・綾瀬ジュニアバドミントンクラブ)
佐藤策太/弓削綾登(東京都・宝木塚ジュニア)
宮﨑直也/安達琉偉(熊本県・おぐにジュニア)
谷口康生/山崎翔叶(北北海道・東光小バドミントン少年団)
寺西怜生/森下虎愛(愛知県・T-JumpJr.)

◆4年生以下・女子ダブルス(ベスト8以上)

小山涼風/浅野真央(栃木県・宇都宮中央ジュニア)
石井 空/戸上 凛(岡山県・PEACEジュニア)
伊藤菜央加/岡本 芽(愛知県・師勝ジュニアバドミントンクラブ)
関野妃奈/大津妃奈乃(南北海道・札幌BEANS)
阿部唯愛来/石井愛莉(東京都・たなしMAXJr.)
宮崎 凛/勘傳歩美(石川県・オールエイジジュニア)
堀田菜々花/永渕友梨華(佐賀県・川上ジュニア)
草間 結/生井穂乃果(茨城県・西豊田バドミントン)

取材・文/池上結惟
写真/江見洋子

投稿日:2017/12/26
■関連キーワード

      

人気記事ランキング