【全日本総合】「最初からファイナル覚悟で臨んだ」(常山)<準々決勝コメント-2>

12月1日に開催された第71回全日本総合選手権(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)4日目は、各種目準々決勝が行なわれた。ここでは、注目選手・ペアのコメントを紹介しよう。

【男子シングルス】全日本総合西本拳太

(トナミ運輸)

 結果:準々決勝で小野寺裕介(日本ユニシス)に2-0で勝利

西本「手の内は互いにわかっていましたし、相手が向かってくるのもわかっていました。相手は今年、ケガもあって海外の大会に出場できていなかった中でもベスト8まで勝ち上がってきていたので、油断せずにコートに入りました。相手が序盤から100%のスピードでプレーしてきたので競った展開になりましたが、1ゲーム中盤で長いラリーでポイントが取れたのが1ゲーム目を取れた要因です。2ゲーム目は点差が開いて、油断があったわけではありませんが、ペースを落としてしまったのが自分を苦しめたかなと思います。

A代表をキープするということより、1面だけになったセンターコートでたくさんのお客さんの前でまたプレーしたいという気持ちが強いので、明日も頑張ります」

全日本総合常山幹太

(トナミ運輸)

結果:準々決勝で、昨年この大会で敗れた上田拓馬(日本ユニシス)に2-1の逆転勝利

常山「上田さんとは4回目の対戦で、今日初めて勝ちました。全日本実業団のときは前半で攻めすぎて、後半疲れてしまったのが反省点でした。今回は(相手が)前半から飛ばしてくるのはわかっていたので、最初からファイナルゲーム覚悟で臨みました。1ゲーム目は勝ちたいという思いが硬さにつながって何もできずにとられてしまいましたが、2ゲーム目以降はしっかりラリーをして、最後は足で勝負しました。

今年は海外を回らせてもらって、いろいろな相手に対してしっかりラリーができたり、勝てるようにもなったことが自信になっていると思います。明日もファイナル覚悟。西本(拳太、トナミ運輸)さんとは高校の団体戦以来の対戦で、そのときはめちゃくちゃ強かった。きっと泥臭い試合になると思うので、自分のねばりを見てほしいですね」

取材・構成/田辺由紀子

写真/井出秀人

 


投稿日:2017/12/01
■関連キーワード

         

人気記事ランキング